« 『運命を拓く』 | トップページ | 『夏期限定トロピカルパフェ事件』 »

『春期限定いちごタルト事件』

『春期限定いちごタルト事件』
米澤 穂信
創元社文庫、2004/12/18、¥626(借)

本当は狐のように賢い小鳩君と、本当は狼のように猛々しい小山内さんが、高校入学を機に協定を結び、小市民として生きていくことを約束する。しかし周囲の環境は次第に二人の本性を引き出してしまい、小市民として生きていく目標が揺らぎ始める。

ある日小山内さんの自転車が盗まれる。不良グループの一人が犯人とわかり、執拗に復讐を企てる小山内さん。そしてその謎が見えてしまう小鳩君。依存関係ではなく互恵関係の二人、と言いつつ結構いいコンビに仕上がっている。

プロット自体はそれほど深いわけではないが、さらさらと楽しく読めた。

|

« 『運命を拓く』 | トップページ | 『夏期限定トロピカルパフェ事件』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/60748757

この記事へのトラックバック一覧です: 『春期限定いちごタルト事件』:

« 『運命を拓く』 | トップページ | 『夏期限定トロピカルパフェ事件』 »