« 『夏期限定トロピカルパフェ事件』 | トップページ | 『秋期限定栗きんとん事件 〈下〉』 »

『秋期限定栗きんとん事件〈上〉』

『秋期限定栗きんとん事件〈上〉』
米澤 穂信
創元推理文庫、2009/02/07、¥626(借)

夏期限定の最後で別れた小鳩君と小山内さん。二人はそれぞれ同級生の仲丸さん、下級生の瓜野君と付き合い始める。瓜野君は新聞部で最近続く放火事件を追うことで新聞部を有名にしようとしている。上巻は二人が一般人と付き合うことで小市民として立派に生きようとけなげに努力しているところを描く。

放火事件は次第にエスカレートしていくが、犯人は杳として掴めない。焦る瓜野君は色々あって小山内さんに無理にキスしようとするが上手くかわされる。小鳩君は小山内さんが放火事件に関わっていることを疑い、校内情報屋の吉口さんから情報を聞いている時に、仲丸さんが三股をかけていることを耳にする。

|

« 『夏期限定トロピカルパフェ事件』 | トップページ | 『秋期限定栗きんとん事件 〈下〉』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/60752804

この記事へのトラックバック一覧です: 『秋期限定栗きんとん事件〈上〉』:

« 『夏期限定トロピカルパフェ事件』 | トップページ | 『秋期限定栗きんとん事件 〈下〉』 »