« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

『恵恵 日中の海を越えた愛』

『恵恵 日中の海を越えた愛』
恵 恵 (著, 原著), 付 楠 (著), 岡崎 健太 (著)
文藝春秋、2014/6/23、¥1,512(L)

関西学院大学で出会った日本人男性健太と中国人留学生恵恵が、結婚を約束して幸せな生活を歩もうとするまさにその時、恵恵に乳がんが見つかる。それからの長い闘病生活を二人とその家族はどのように闘ったか。NHKニュースウォッチ9でも紹介されたという本書を読んでみた。

日中の関係が悪化する中、周りを取り巻く人の目はとても温かい。恐らくそれを狙って書かれた部分もあるだろうが、読みながら思わず涙する。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Balls in the air

To young Japanese, pachinko is a bit 1) _____, something your 2) _____ old uncle wastes his time with. (The Economist Sep. 27, 2014, p.66)

1)
A) pleasure
B) pleased
C) naff
D) expensive

2)
A) fusty
B) fun
C) fuss
D) fellow

Ans: 1) C) naff: 無価値な、役に立たない
  2) A) fusty: 古風で時代遅れの Lv.29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Separatism after Scotland

Scotland's No to independence disappointed separatists everywhere. But it has _____ their desire to vote. (The Economist Sep. 27, 2014, p.58)

A) diminish
B) stroke
C) stoked
D) cheer

Ans: C) stoke: 火をたく、燃料をくべる Lv.10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOEIC形式の練習

とりあえず、Economistほか色々な素材でTOEIC形式の問題を作ってみることにした。主に後で見返して自分の勉強用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『書物の近代―メディアの文学史』

『書物の近代―メディアの文学史』
紅野 謙介
ちくま学芸文庫、1999/12/9、¥1,296(丸善日本橋)

言葉を盛る器としての書物の近代史を探る。

内容と形が一体化していた和本の時代から、西洋の書籍が入ってきてその器に内容をいかに盛るかに心を砕いた明治時代。流通体制の激変があった大正時代。戦時体制に入るに従い、書籍の基礎としての紙を押さえられ、思想も変容を余儀なくされた戦時期。時代を通じてどのように作家が書籍に向き合ったか、について考えさせられた。

書籍の研究をするための基本書籍となる一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日本の風俗嬢』

『日本の風俗嬢』
中村淳彦
新潮新書、204/8/9、¥842(有隣堂亀戸)

風俗嬢という視点から、日本における風俗業界の現状を解説した本。なかなか正式な統計が出にくい業界なだけに、このような本は貴重。

・風俗業界ではやくざとの関係は切れない。警察も腐敗して悪質。
・日本の性風俗店舗数は13000店程度。風俗嬢の総数は32万5千〜39万人程度。おおむね20〜34歳女性の28人に一人が風俗経験者。
・一流女子大生や介護従事者などが大挙して風俗に押し寄せている。
・今は風俗になるにも競争があって狭き門。
・風俗嬢やスカウトなど業界の収入は激減。貧困ぎりぎりの収入にしかならないことも多い。

結構以外な現実が浮かび上がる。現在の風俗嬢買い手市場は、日本の貧困化と、ネットの普及による風俗への敷居の低下によってもたらされていることが克明に描かれていて、一読の価値がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『カンブリア宮殿 村上龍×経済人 変化はチャンス』

『カンブリア宮殿 村上龍×経済人 変化はチャンス』
村上 龍
日本経済新聞出版社、2012/7/26、¥1,728(L)

カンブリア宮殿での対談をもとに村上が書籍化したもの。様々な経営者の考え方がわかり勉強になる。

●(川田達男セーレン会長兼社長) 一応私も [明治] 大学で経営学を学んだ会社のに入ったわけですが、企業というのは世の中のニーズを具現化して、自分でものをつくって自分で売るというのが基本ですよね。ところがセーレンを見ますと、自分でものをつうってないし、自分でものを売っていない。お客様から白い生地をお預かりして、こういう色に染めてくださいという依頼を受けて、その色に染めてまたお返しする。いわゆる賃加工の仕事を100年間やってきたのです。当時はそういう仕事でも繊維産業であれば儲かったんですね。これは大変な会社に入ったなという感じはしました。[略]
 本来の企業の姿としてあるべき方向へ行かないと、今はいいですけれども、絶対に21世紀に生き残れる企業ではないと思いました。(pp.91-92)

☆その後、自分で子会社を作って、傘地、ブーツの裏地など本業以外の道を探る。そして自動車の内装材が大当たりし、本社の社長をまかされる。「本来の製造業」としてのあり方を忘れずにいることの重要性を学ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『山本美香という生き方 』

『山本美香という生き方 』
日本テレビ編
新潮社文庫、2014/7/28、¥724(有隣堂亀戸店内)

シリア内線の取材中に狙撃されて亡くなった山本美香についての本。『エンジェルフライト』でも彼女のことが書かれていたので手に取った。

ざっと読んだ限り、周囲の人によるこんな人だった、という描写と、山本本人の旧著の焼き直し部分が多く、山本美香の内面やジャーナリストとしてどのような考えを持っていたかなどについてはあまり描かれていないような気がした。

特に、パートナーである佐藤による回顧部分では、かなり自己弁護的に書かれており、若干違和感が残った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『はじめは中古のBMWに乗りなさい リスクを取る貯蓄・投資が人生を豊かにする』

『はじめは中古のBMWに乗りなさい リスクを取る貯蓄・投資が人生を豊かにする』
小堺桂悦郎
幻冬舎、2008/12/11、¥1,512(L)

自動車/マンションなどは買った瞬間に価値が落ちる、予想外に費用がかかる、といった理由によりまずは中古を買ってその商品に慣れてから新品を考えろ、という本。少し古い本なので、経済状況は変化しているが、一つの考え方として参考になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »