« 『ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2』 | トップページ | 『はじめは中古のBMWに乗りなさい リスクを取る貯蓄・投資が人生を豊かにする』 »

『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』

『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』
杉本 宏之
ダイヤモンド社、2014/7/18、¥1,620(有隣堂亀戸)

著者がエスグランドを創業し、上場し、倒産し、再起する間の回顧録。藤田晋のブログで推薦されていたので購入。

再起した理由については最後の数ページにしか書かれていないので内容とタイトルは一致していないが、著者が経営者として経験した様々なことはかなり真に迫って書かれているので勉強になった。もちろん、それでも全ては書いていないだろうけれど。

あと、ベンチャー企業経営者によくあることだが、藤田・堀江などの諸氏との交友が多く描かれていて、彼らへの感謝に多くページが割かれている。これについては、幻冬舎の社長のように交友を否定する経営者もいるので、賛否があるだろうが、どん底のときに精神面で支えてくれる友人がいるというのはよいことだと思った。

いずれにしても、会社を預かる人間は倒産させてはいけないということを最優先に考えて経営にあたるべきだ、ということを再認識させられた一冊。

|

« 『ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2』 | トップページ | 『はじめは中古のBMWに乗りなさい リスクを取る貯蓄・投資が人生を豊かにする』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/60223026

この記事へのトラックバック一覧です: 『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』:

« 『ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2』 | トップページ | 『はじめは中古のBMWに乗りなさい リスクを取る貯蓄・投資が人生を豊かにする』 »