« 『古本屋開業入門―古本商売ウラオモテ』 | トップページ | 『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』 »

『ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2』

『ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2』
北尾トロ
風塵社、2003/5/7、¥1,620(L)

『ぼくはオンライン古本屋のおやじさん』の続編。ネット古本事業は年240万程度だが、本書内で色々なイベントへの出店による売上を含めて年400万程度の売上に伸びている。ある程度成功と言ってよいのだろう。

本書の内容は2000年から数年の話だが、その後事業環境は激変しているので、現在では杉並北尾堂も休業状態のようだ。その代わり、現在は長野県伊那市高遠で、「本の町プロジェクト」として古本事業を継続しているらしい。

|

« 『古本屋開業入門―古本商売ウラオモテ』 | トップページ | 『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/60222980

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2』:

« 『古本屋開業入門―古本商売ウラオモテ』 | トップページ | 『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』 »