« 『ビジネスパーソンの誘う技術』 | トップページ | 『乱読のセレンディピティ』 »

『続・風の帰る場所―映画監督・宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか』

『続・風の帰る場所―映画監督・宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか』
宮崎 駿
ロッキングオン、2013/11/30、¥1,728(受贈)

入院中の読書にと知人にもらった本。なかなか読めずようやく最近読了。

主に「ポニョ」から「風立ちぬ」まで、2008年から2013年までの宮崎へのインタビューをまとめた本。ファンタジーを描き続けた宮崎が、「風立ちぬ」でファンタジーでない映画を作った心境が浮き彫りにされている。

宮崎自身の問題意識はある程度理解できるが、それが次第にジブリ映画の観客が求めるものとズレてきているのではないか、という気がした。だから長編はもう作らない、と宣言したのかもしれないけれど。

天才の思考の一端を知ることができる貴重で面白い一冊。

|

« 『ビジネスパーソンの誘う技術』 | トップページ | 『乱読のセレンディピティ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/60020929

この記事へのトラックバック一覧です: 『続・風の帰る場所―映画監督・宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか』:

« 『ビジネスパーソンの誘う技術』 | トップページ | 『乱読のセレンディピティ』 »