« 『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』 | トップページ | 『1秒でわかる!印刷業界ハンドブック』 »

『100年予測』

『100年予測』
ジョージ・フリードマン (著), 櫻井 祐子 (翻訳)
ハヤカワ・ノンフィクション文庫、2014/6/6、¥907(丸善日本橋)

・21世紀はアメリカの時代。
・アメリカの基本戦略は、太平洋・大西洋の覇権を確立した上で、ユーラシア大陸に地域大国を生まないよう分裂を画策すること。
・ソ連が崩壊したのは、ランドパワーはシーパワーに原理的に勝利できず、アメリカによる包囲戦略に敗れたから。同様のことが21世紀の中国・ロシアにも言える。中国は孤立し弱体化する。ロシアは崩壊する。
・日本・トルコ・ポーランドが強大化し、アメリカに挑戦するが敗れる。
・21世紀後半にはメキシコがアメリカに挑戦する。

本書執筆の2009年の時点で現在起こっているクリミア・ウクライナの紛争を的確に読んでいるなど、地政学を元にして非常に確度の高い予測をしている。宇宙戦争など、現実味のない話もあるが、2020年程度まではかなり本書の通りに時代が動くのではないかと思わせる。


|

« 『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』 | トップページ | 『1秒でわかる!印刷業界ハンドブック』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/60073480

この記事へのトラックバック一覧です: 『100年予測』:

« 『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』 | トップページ | 『1秒でわかる!印刷業界ハンドブック』 »