« 『これこそ社長の仕事』 | トップページ | 映画『アナと雪の女王(日本語吹替版)』 »

『あたりまえのことをバカになってちゃんとやる』

『あたりまえのことをバカになってちゃんとやる』
小宮 一慶
サンマーク出版、2009/4/13、¥1,512(丸善日本橋)

本書の主張はタイトルに示されている。著者は「あたりまえのことをバカになってちゃんとやる」を略してABCといい、常にこれを頭において行動せよ、と述べる。まったくその通りで、いかにそれを実行するかを考えさせられる。

●[私は] 毎日、毎日、トイレをすむずみまで磨き上げる。でも、けっして完璧にきれいになることはありません。一つのことを徹底して続ければ続けるほど、自分の徹底の度合いが足りないことに気づかされるのです。[略]
 小さなことさえ、徹底してできない人に、大きなことができるわけがありません。(pp.2-3)

●社会科学が目的としているものは何か。経営学者の野中郁次郎さんらが書いた『戦略の本質』という本には次の主旨のことが書かれています。
「社会科学とは多くの人が幸せになるためのあるべき規範をつくりだすことだ」と。
 法律も会計も一種の規範です。こうすると会社が一番うまくいくという規範が会社法であり、会計規範です。(p.81)

●[ネガティブな性格を直すのは] 簡単です。左手の手首に輪ゴムをつけておきました。[略] そしてネガティブな感情を持ったら、その輪ゴムを引っ張ってパチンとやり、ネガティブな感情をできるだけ早く断ち切るのです。それを繰り返しているうちに、悲観論者の私もだんだん前向きに考えられるようになってきました。ちょっとした訓練で、ポジティブになれるものです。(pp.89-90)

●銀行員時代もいまもそうですが、私は休みの日を勉強に使っています。といっても、せいぜい数時間のことです。それでも、それが十年、二十年と積み重なると、自分でも驚くほど、力がついてくる。まさに、ちりも積もれば山となるのです。
 それが、大学院で経営分析や管理会計を教えられる程度の力につながっています。自分が不得意なことに時間を使わず、自分が得意なことに時間をかけ、勉強したからです。(p.96)

●昔読んだ本の中に、「よく働いた一日はよく眠れる。よく生きた一生はよく死ねる」という外国のことわざがありませいた。そのとおりだと思います。目いっぱい生きて、満足して死にたい。
 人は誰もがやがては死にます。例外はありません。だから、死が必ずあることを意識して、いまを生きることです。(p.128)

●継続して定点観測していくことでわかることがたくさんあります。ほんのわずかな変化にさえ、気がつくことができるようになる。(p.154)

●小さな意思決定をどれだけ積み重ね、精度を高めてきたか。それが意思決定力となり、ここぞという大きな意思決定の場で発揮されるのです。
 小さな意思決定ができない人は大きな意思決定もできない。だから、私は小さな意思決定を正しくすることにとてもこだわるのです。(p.160)

☆どっちでもいい、と言わないこと。


|

« 『これこそ社長の仕事』 | トップページ | 映画『アナと雪の女王(日本語吹替版)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/59835717

この記事へのトラックバック一覧です: 『あたりまえのことをバカになってちゃんとやる』:

« 『これこそ社長の仕事』 | トップページ | 映画『アナと雪の女王(日本語吹替版)』 »