« 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5)』 | トップページ | 『日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く』 »

『六番目の小夜子 』

『六番目の小夜子 』
恩田陸
新潮文庫、2001/1/30、¥594(BO¥105)

とある地方の高校では3年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が秘密裏に選ばれ、学園祭に向けてゲームが行われる。今年は六番目のサヨコが選ばれる年だったが、津村沙世子が転校してきたことにより予定が狂い始める。

今まで色々なところで恩田陸のデビュー作として出色の出来、という噂を聞いていたので読んでみた。最初の伏線の張り方、学校独特の雰囲気の描写はとてもよくできていて気持ちよく読み進めたが、途中から謎解きの段になって少し失速した感じがした。結局沙世子は何だったのか、という一番重要なところが今ひとつはっきりしなかったのは残念だが、深く考えずに青春物として雰囲気を楽しむにはよい小説だと思った。

|

« 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5)』 | トップページ | 『日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/59709736

この記事へのトラックバック一覧です: 『六番目の小夜子 』:

« 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5)』 | トップページ | 『日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く』 »