« 2014年2月 | トップページ | 2014年6月 »

『日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く』

『日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く』
佐藤優
小学館、2006/4/22、¥1,728(Amazon)

真珠湾直後にNHKラジオで放送され、ベストセラー書にもなった大川周明の"開戦理由"全文を掲載し、佐藤の解釈を加えて解説した本。現在との類似性を見いだし、将来への戒めとする、という佐藤の意図がよくわかる。

●当時の日本は、多年にわたる鎖国政策のために、一般国民は日本の外に国あるを知らず、[略] 海外の事情に無関心だったのであります。従って文化年中にロシア人が北海道に来て乱暴を働こうとしたことは、日本にとってまさしく青天の霹靂であり、徳川幕府は甚だしく狼狽したのであります。幕府はとにもかくにもあらん限りの力を尽くして防備の方法を講じましたが、その後はしばらく影を見せなかったので、文化・天保年中になりますと、かえってその反動が起こり、海防のために力を注いだ松平楽翁公などを、臆病者と笑うような始末でありました。騒ぐときには血眼になって騒ぐが、止めればまるで忘れ果てて、外国船などはこないもののように思う、これは今も昔も変わらぬ日本人の性分であります。そのようなその後の数十年というものは、日本はあるときは外国の侵略を恐れ、あるときはまったく国難を忘れ去りながら、その日その日を過ごしてきたのであります。(p.21)

☆現在の対中国問題、集団的自衛権、原発問題への対応にも同様の性分が見られ、大変興味深い。

▲イスラームには世界を動かす原動力となることが見えていた。世界征服を実際に果たす力がイスラームにあることを多くの日本人が気づいていない。イスラームの内在的論理を尻、その力を過小評価せずに、イスラームの世界支配という野望に対峙する状況が到来するまでに日本国家と日本人が生き残る方策を考えよと警鐘を鳴らし、同時に大川自身がその知的基礎作業に従事したのである。(pp.94-95)

☆イスラム圏の拡大が現実のものとなっている現代に、ますます重要性を増す分析。

●歴史的常識ではC級戦犯の罪が最も重い。(p.98)

●国民が政府・軍閥にだまされて勝つ見込みのない戦争に追いやられたというのは、戦後になってから作られた神話である。この神話が作られる中で、日本人がもっていた中国を含むアジア諸国を欧米の植民地支配から解放するという大義は、日本の支配欲を隠す嘘だという"物語"が押し付けられ、その呪縛から未だにわれわはは逃れられずにいるのである。(pp.106-107)

☆アメリカによって行われた巧妙な戦後教育と洗脳の成果。

●当時の史実に照らしてみると、国民は相当のことを知らされていた。また、少し努力して真実を素人するならば、正確な情報を入手することはそれほど難しくなかったのである。例えば、戦前・戦中に内閣情報部(1940年に情報局に昇格)が発行していた週報は、誰でも購入することができたが、当時の国際情勢について正確な情報が記されている。(p.112)

●「真相箱」に代表される戦後アメリカの宣伝技法は実に巧みで優秀だった。重大な失敗を犯した時、誰も自らに責任があることを認めたくないという真理が働く。「誰かに自分がだまされていた」というフィクションで、自分の責任から逃れようとする、その隙間をアメリカは衝いて、新しい神話を作った。そして日本人は自らその神話を受け入れていくのである。神話と実証的情勢分析は同居できない。日米開戦の真実について、大川が『米英東亜侵略史』で解明した実証的な分析は成語、GHQとそれに協力した日本人放送作家が作り上げた「真相箱」という神話に回収されていってしまうのである。それとともに大川周明という知識人の存在自体が日本人の記憶から薄れていくのである。(p.114)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『六番目の小夜子 』

『六番目の小夜子 』
恩田陸
新潮文庫、2001/1/30、¥594(BO¥105)

とある地方の高校では3年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が秘密裏に選ばれ、学園祭に向けてゲームが行われる。今年は六番目のサヨコが選ばれる年だったが、津村沙世子が転校してきたことにより予定が狂い始める。

今まで色々なところで恩田陸のデビュー作として出色の出来、という噂を聞いていたので読んでみた。最初の伏線の張り方、学校独特の雰囲気の描写はとてもよくできていて気持ちよく読み進めたが、途中から謎解きの段になって少し失速した感じがした。結局沙世子は何だったのか、という一番重要なところが今ひとつはっきりしなかったのは残念だが、深く考えずに青春物として雰囲気を楽しむにはよい小説だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ビブリア古書堂の事件手帖 (5)』

『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~』
三上 延
アスキー・メディアワークス、2014/1/24、¥616(有隣堂亀戸)

ビブリアシリーズ第5巻。栞子さんと五浦の関係に若干の進展が見られ、母との対決の時が迫る。
新刊が出るのが待ち遠しい本は久しぶりなのでとても楽しく読んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ケルベロスの肖像』

『ケルベロスの肖像』
海堂尊
宝島社文庫、2014/1/9、¥802(有隣堂亀戸)

バチスタシリーズ最終巻。死亡時画像診断を行うエーアイセンター設立に向け、脅迫状が東城大学病院にとどく。高階院長は田口医師に犯人を探すよう指示する。様々な登場人物の思惑が交錯する中、エーアイセンター設立のその日、オートプシーイメージング解析によって、高階院長が秘密にしてきたことが明らかにされる。

最終巻ということで、今までの登場人物がほぼ総出演。純粋にミステリーとしては少し物足りないが、バチスタシリーズ全体の締めとしてはこんな感じでいいのではないかと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日本史の謎は「地形」で解ける』

『日本史の謎は「地形」で解ける』
竹村 公太郎
PHP研究所 、2013/10/3、¥802(フタバ図書南砂町)

建設省の役人だった著者が、日本史の謎を地形という視点で読み解いた本。

 未だ豊臣家が存在する中、関ヶ原の戦いのあと家康が1603年に徳川幕府を開いてすぐに江戸に戻ったのは、関東平野の開拓、利根川の治水という大事業を進めるため。
 信長が比叡山を焼き討ちしたのは、比叡山の位置が京都を見下ろす場所にあり、そこを抑えない限り安全が確保できないため。
 元寇の失敗の原因の一つは、モンゴルの牛馬で突進するスタイルが、日本の泥と緑の国土によって阻まれたため。
 吉良家が抹殺された理由の一つは、百年にわたり吉良に抑え込まれてきた矢作川周辺の支配権を徳川が奪うため。
 都市として脆弱な福岡が巨大都市となったのは、大陸との文化の交流地点にあたったから。

など、興味深い分析が多数描かれていて面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『督促OL 修行日記』

『督促OL 修行日記』
榎本 まみ
文藝春秋、2012/9/22、¥1208(L)

クレジットカード会社の督促部門に勤める著者による債務者との日々と、回収のコツを書いた本.督促について書いてあるが、人とのコミュニケーションについて重要な示唆を与えられた。

▲動物は危機を感じると固まるようにできている。だから人間も怒鳴られると固まってしまう。対策として、園瞬間に思いっきり足をつねったり、足の小指をもう一方の足で踏んづける等して下半身を刺激する。すると痛いと感じると同時に金縛りは解ける。
 動物学者のデズモンド・モリスによれば足には本当の気分が出やすい。不安な人は足が落ち着かないし、足を広げている人は偉そうな印象になる。だから何か会ったらぐっと足に力を入れて踏ん張るとよい。(p.91)

▲どんなに会話中厳しい内容でも、最後の言葉で優しい労りの言葉を心を込めて言うとその会話全体の印象もよくなる。(p.117)

▲「自信」ーこれを持つか持たないかで、交渉というのは出来不出来がまったく違ってきてしまう。
「とにかくゆっくりしゃべる」そうすると自信がありそうに聞こえる。
「ゆっくり=自信」という法則は、電話だけじゃなくて行動にも当てはまる。落ち着いた声でゆっくりしゃべる人や慌てず余裕のある動作で動いている人はとっても優雅で自信がありそうに見える。自信は「ゆっくり」した動作の中から生まれる。(p.151)

●「お客様がこちらの態度に不満を持っていたらその気持ちに対して、商品の不具合を言ってきたらそのお手間に対して、お客様が怒っている内容を具体的に前につけてから、『申し訳ございません』というんです」(p.186)

●ケンカは目をそらしたほうが負け。(p.188)

●「謝罪は何度も繰り返すと誠意が薄まるので、黄金比は、謝罪2に対しお礼2です。『申し訳ございません』が3回続くとくどいと考えてください。『申し訳ございません』を3回使っていいのは、クレーム対応を締めくくるときだけです」(p.208)

●電話口で聞き惚れるほどいい声で話す人って、なんだかぞんざいに扱えない。あいさつの時やクレーム対応の時でも「声が美人やイケメン」なら絶対有利だ。でも残念だけれど、声が仕事道具であるコールセンターのオペレーターでも意識的に声を操作している人は多くない。私はこれを常々もったいない!と思っている。だって整形でもしないかぎり顔はそうそう変えられないけれど、声だけだったらすぐにでも変えられるのに!(p.220)

●[電話効率を上げるため] お客様に聞き返されることがないように、自信があるようにゆっくり丁寧にしゃべることにした。相手にしっかり伝われば、一人にかける交渉時間を短縮することができた。(p.227)

●督促OLの回収4コマブログ
 http://ameblo.jp/tokusokuol/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『同族経営はなぜ3代でつぶれるのか?』

『同族経営はなぜ3代でつぶれるのか?』
武井 一喜
クロスメディア・パブリッシング 、2010/08/11、¥1,869(L)

家業の寝具店に入社したものの、うまくいかずに倒産した経験をもとに、同族経営についてのコンサルタントとなった著者による本。同族経営を誇れるファミリービジネスとして経営していくことのコツが書かれている。大変参考になった。

●「困難に際しては、まず先祖に手を合わせて感謝する」(法師旅館46代当主法師善五郎氏)(p.23)

▲アメリカのS.C.ジョンソン社はファミリーで経営していることに誇りを持っている。2代目のハーバート・F・ジョンソン・シニアは「企業を存続させるものは、人々の信頼と支持であり、他は、すべて影にすぎない」と語った。(pp.40-43)

●失敗するファミリーは、「自分とあの人は何が違うか」に目がいきがちです。「お兄さんのほうが優遇されている」、「いとこの○○はずるくて無責任すぎる」、などと言っているうちに、互いの共通点や相手の善意に目を向ける習慣を失ってしまうのです。一方、成功するファミリーは、「我々は何を共有しているか?」に意識を向けています。共通の価値観、共通の目標、ものの見方やビジネス観を共有しようと努力します。その結果、自然に互いの話に耳を傾け、信頼関係が高まることになります。(p.114)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

備忘:読書関係

2014/5/7

読了:
マーケティング22の法則
六番目の小夜子
ビブリア5
ロスチャイルド家
ケルベロス
日本史の謎は地形で解ける
これこそ!社長の仕事
道なき道を行け
図書室の神様(Kindle)

映画:
テルマエロマエII(2014/5/6)


取組中:

未読:


未入手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年6月 »