« 『ビジネスは「非言語」で動く 合理主義思考が見落としたもの 』 | トップページ | 『クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル』 »

『完全犯罪に猫は何匹必要か? 』

『完全犯罪に猫は何匹必要か? 』
東川篤哉
光文社文庫、2008/2/20、¥740(借)

『招き寿司』チェーン社長豪徳寺豊蔵が殺害される。豊蔵は探偵鵜飼に愛猫の捜索を依頼している最中だった。

三毛猫にまつわるウンチクが謎解きのカギになる。著者の文体はかなり凝っているので、必ずしも読み易くはないが、ストーリーが面白く作られているので楽しく読んだ。

|

« 『ビジネスは「非言語」で動く 合理主義思考が見落としたもの 』 | トップページ | 『クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/58906628

この記事へのトラックバック一覧です: 『完全犯罪に猫は何匹必要か? 』:

« 『ビジネスは「非言語」で動く 合理主義思考が見落としたもの 』 | トップページ | 『クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル』 »