« 『福家警部補の挨拶』 | トップページ | 映画『トリック劇場版 ラストステージ』 »

『銀座ミーティング』

『銀座ミーティング』
高木久子
駒草出版、2013/6/17、¥1,680(TSUTAYA東大島)

クラブ取得時の4億6000万円の借金を5年で完済、という帯のキャッチに惹かれて購入。

本書は、銀座のクラブベルベのママ高木久子が、ベルベで月一回行われているミーティングで述べた内容の一部を、録音テープからテーマごとに編集し直したもの。

平成18年から平成25年までにわたる内容を、現状分析・経営戦略・顧客満足度・人材育成・トップの生き方といったテーマごとにまとめているので、年代が前後していて、読んでいて少しわかりづらかった。せめて、各項目の後にミーティングの日付等が入っていれば親切だっただろう。また、クラブに特有の用語がそのまま書かれていて意味が若干不明な部分があった。編集の仕方が少し不親切で残念だったが、内容は示唆に富むものだった。

▲一流のホステスになるには、食事から始めましょう。ママは自然と毎日埋まっていきますよ。それは、常に自分から働きかけているからです。なぜ待っている必要があるんですか。待っていても誰も声をかけてなんてくれませんよ。
 座っているだけで絵になる子なんていません。お話しして、笑って、感情を出して、初めてステキだなと思う。働きかけるのは常にこちらからです。自分から働きかけなければなにも生まれません。(p.232)

●逃げることばかりを考えないで困難に立ち向かうことを考えてほしい。まっすぐ生きていれば、必ず応援してくださるお客様がいらっしゃいます。苦しい時ほど踏ん張る。逃げたらチャンスや幸せは遠ざかるばかりです。(p.247)

|

« 『福家警部補の挨拶』 | トップページ | 映画『トリック劇場版 ラストステージ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/58918306

この記事へのトラックバック一覧です: 『銀座ミーティング』:

« 『福家警部補の挨拶』 | トップページ | 映画『トリック劇場版 ラストステージ』 »