« 『ドラッカーが教える 問題解決のセオリー』 | トップページ | 2013年の10冊 »

『珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る』

『珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る』
岡崎琢磨
宝島社文庫、2013/4/25、¥680(L)

『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』の続編。

タレーランの女性バリスタ・切間美星の妹、美空が夏季休暇を利用してやってきた。主人公でタレーランの常連客アオヤマは、美星とともに店に持ち込まれる謎を解いていく。そのうち美空は謎の男性に用があって京都に来ていることに気づく。

前作よりはミステリーらしくなっているが、文体が少し独特なので小説の世界に入るのに若干時間がかかる。とはいえ、ライトノベルとして軽い恋愛物として楽しく読んだ。

●伏見稲荷大社。日本じゅうにあまねく存在する稲荷神社の総本宮であり、初詣の時期には全国でも五指に入る数の参拝客を集める。(p.67)

☆鳥居が沢山ならんでいるので有名な稲荷神社。

▲金縛りを解除するには声を出せばいい。最初はかすれた声しか出ないが、何度か試みるうちに音をともなった声になる。その瞬間、金縛りはもう解けている。(p.269)

☆本当か嘘かわからないが一つのtipsとして。

|

« 『ドラッカーが教える 問題解決のセオリー』 | トップページ | 2013年の10冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/58849980

この記事へのトラックバック一覧です: 『珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る』:

« 『ドラッカーが教える 問題解決のセオリー』 | トップページ | 2013年の10冊 »