« 『ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得』 | トップページ | 『英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法』 »

『代表的日本人』

『代表的日本人』
内村鑑三
ワイド版岩波文庫、1997/9/16、¥1,155(丸善日本橋)

内村鑑三が海外に向けて、5人の日本人を取り上げて日本人の精神を紹介した本。紹介されているのは、西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮上人。

●今日も西郷の墓には、涙を浮かべて訪れる人の群れが絶えません。
 もっとも偉大な人物が世を去りましたが、最後のサムライであったのではないかと思われます。(p.35)

☆「ザ・ラストサムライ」の出典か?

●藤樹は「積善」について次のように述べました。
 人は誰でも悪名を嫌い、名声を好む。小善が積もらなければ名はあらわれないが、小人は小善のことを考えない。だが君子は、日々自分に訪れる小善をゆるがせにしない。大善も出会えば行う。ただ求めようとしないだけである。大善は少なく小善は多い。大善は名声をもたらすが小善は徳をもたらす。世の人は、名を好むために大善を求める。しかしながら名のためになされるならば、いかなる大善も小さくなる。君子は多くの小善から徳をもたらす。実に徳にまさる善事はない。徳はあらゆる大善の源である。(p.122)

☆朱子学に限界を感じ、陽明学を自分流に改良して使ったことで明るさのある教えになった。

|

« 『ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得』 | トップページ | 『英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/58468763

この記事へのトラックバック一覧です: 『代表的日本人』:

« 『ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得』 | トップページ | 『英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法』 »