« 『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』 | トップページ | 佐藤優 講演「安倍外交は国益を体現できているか」 »

『心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」』

『心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」』
枡野 俊明
三笠書房、2013/8/22、¥1,260(有隣堂亀戸)

平積みに釣られて購入。著者は曹洞宗の寺の住職。カバーにある「心配事の"先取り"をせず、『いま』『ここ』だけに集中する」ことを勧めている本。書いてあることは至極当たり前のことで、それに禅の言葉を当てて解説している。結局、人間としてやるべきことは誰が書いてもほぼ同じことになるが、それを実践するのが難しいのだ、ということが理解できる一冊。

●立場でも地位でも「守らなければ」と考えれば考えるほど、余計な心配のタネをまくことになって、心の安定を失っていくのです。「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」これは、細川ガラシャの辞世の句。(p.42)

●情報が入れば、いやでもそれについて考えたり、判断したりすることになります。情報を遮断する。それが心静かに夜を過ごす大事なポイントになりそうです。(p.88)

●「八風(はっぷう)吹けども動ぜず」[略] そのときどきに、それぞれの風が吹いているだけのこと。ですから、どの風も自然に受け止めたらいいのです。(p.94)

☆自分と人を比べてあれこれ考えることの無意味。

●松下幸之助さんの言葉です。「逆境もよし、順境もよし、要はその与えられた境遇を素直に生き抜くことである」まさに至言です。素直に生きていたら、よい境遇も悪い境遇もないのです。そこにはただ、一生懸命に生きる「場所」があるだけです。(p.116)

●他人の人生観がどうであろうと、それをあれこれあげつらうのは「筋違い」です。[略]
 もうひとつ、付け加えておきたいのは、自分には厳しく、相手には寛容な姿勢が仕事をうまく進める上で求められるということです。江戸時代の儒学者であり、本草(ほんぞう:中国古来の薬物学)学者でもあった貝原益軒にこんな言葉があります。
「聖人をもって我が身を正すべし、聖人をもって人を正すべからず。凡人をもって人を許すべし、凡人をもって我が身を許すべからず」(pp.127-130)

●人の上に立つ人は本来「孤独」なものだといわれますが、「孤立」してしまってはいけません。[略] ものごとには、すべて、力づくではどうにもならない「流れ」というものがあります。流れに任せる。水は岩があればそれと争うことなく、わずかに方向を変えていきます。しかし、"目標"はあやまることなく、最後は大海へと流れ込んでいくのです。[略] 流れに任せるというのは、ただ流されるままになることとは違います。流れの方向を見定め、速さも読み切って、そのうえで、むやみに流れに逆らわず、みずから、すなわち"確固たる自分"として流れとともにゆく。任せるとはそういうことだと思います。(pp.132-133)

●禅語の「平常心是道(へいじょうしんこれどう)」は、いつも穏やかな心で、字図かな心でいることの大切さをいっています。心の振れ幅を小さくしなさい、というこおtでしょう。そのために意識してほしいのが「呼吸」です。禅には「調身(ちょうしん)、調息(ちょうそく)、調心(ちょうしん)」という言葉があります。それぞれの意味は、順に姿勢を整える、呼吸を整える、心を整える、ということです。[略] 呼吸を整えるためにはまず、姿勢を整えなければなりません。姿勢が整い、そして、呼吸も整い、心も整ってくるのです。あたまにカッと血が上るようなことがあったら、まず、呼吸です。(pp.140-141)

☆姿勢を整え、丹田に意識を集中して息を吐ききれ、とのこと。

●道元禅師はこんな言葉も残しています。「生きるときには生ききる、死ぬるときには死にきる」(p.218)


|

« 『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』 | トップページ | 佐藤優 講演「安倍外交は国益を体現できているか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/58223720

この記事へのトラックバック一覧です: 『心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」』:

« 『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』 | トップページ | 佐藤優 講演「安倍外交は国益を体現できているか」 »