« 『やっぱり見た目が9割』 | トップページ | 『3日もあれば海外旅行』 »

『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』

『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』
竹田恒泰
PHP新書、2011/9/29、¥756(八重洲BC)

日本の歴史教育が、日本を貶めてあえて教えない日本の歴史について、その成り立ちを神武天皇に遡って解説する。神話は神話として尊重し、「日本史」ではなく「国史」を教えるべきことについて述べ、古代から律令国家成立までの歴史について解説する。

「建国記念日はそもそも何の日か」など、知らないことも多く、勉強になった。

●連合国が日本を占領した目的は一つしかない。それは、日本が将来に亘って二度と連合国に編む買うことがないように「日本を骨抜きにすること」である。連合国は財閥や軍を解体したばかりか、日本人と神道の関係を断ち切り、建国と神話の教育をやめさせ、日本人の心の中から日本人の精神を抹消しようとした。(p.38)
●占領軍のやり方は巧妙だった。もし占領期間中に徹底して日本が解体されたなら、一億の日本人が竹槍を持って戦っただろう。天皇が廃止され、日本中の神社が解体され、あらゆる歴史的な資料や遺物が破壊されるのを、日本人が指をくわえて眺めることはなかったはずだ。そこで占領軍は百年がかりで日本を解体しようとしたのではないか。(pp.38-39)
●占領軍は的確にいたいところを突いてきた。神話教育をやめさせたのは、すでにそれだけで、ゆっくり時間をかけて民族を滅亡させることになるからだ。これは、日本民族が百年殺しの刑にかけられたようなもので、危機が迫っていることに気づくことすら難しい。(p.39)
●現在の日本では、神話は非科学的なものとして、学ぶに値しないものであるかのように扱われている。しかし、それが近代国家の作法と思ったら大間違いである。近代合理主義の成れの果てとも思えるアメリカですら、ギリシア神話や聖書を軸としたキリスト教神話の教育を徹底している。(p.39)
●日本における神話の中心を担うのは『古事記』『日本書紀』である。そもそも記紀は、初代天皇の即位で国が成立したことの経緯を記し、建国の精神を後世に伝えていくために約千三百年前に完成した、国家が編纂した我が国最古の歴史書である。したがって、記紀を封印することは、おのずと、建国の歴史を風化させ、建国の精神を失わせることを意味する。(pp.39-40)

☆若干陰謀論めいているが、確かに古事記や日本書紀の概要程度は日本人の常識として知っておくべきだろう。自分もよくわからないので。

●記紀が国家により編纂された点は、重要な意味がある。記紀は個人が任意に書いたものと違い、最も公式な文書であって、そこに書かれていることは当時の政府の公式見解であることを意味するからだ。そして、現在の政府も『日本書紀』の見解を踏襲している。
 当時の政府は現在の政府とまったく別物だと思う人もいるだろう。しかし、記紀を編纂した七世紀当時の政府から現在に至るまで、我が国は一度も王朝交代を経験したことがない。[略] 古墳時代から現在の日本に至るまで、天皇の任命なくして太政大臣、関白、将軍、内閣総理大臣など、政治の最終責任者の地位に就いた者は一人もいない。もちろん、明治維新前後や終戦前後で統治機構を変更してきたが、国家の連続性が途切れたことは一度もないのである。(pp.44-45)

☆言われてみれば確かにその通りで、まったく意識していなかった。

●ところで、日本が他国から朝貢を受けることがあったことについてもふれておきたい。高句麗滅亡後にその遺民である大祚栄(だいそえい)が698年に建国した渤海は、唐・新羅と対立していた時期に、これらを牽制するために日本に聴講するようになった。当初は軍事同盟の性格が強かったが、渤海と唐の関係が改善すると、渤海使は文化と商業の色彩を強めたものの、日本への朝貢の形式は最後まで残った。朝貢であるため、日本は何倍もの回賜を与える義務があり、途中から朝貢の頻度を十二年に一度に制限し、渤海が滅亡する926年まで約200年間続けられた。
 そして、『随書』倭国伝には、新羅と百済が日本に朝貢した記録があり、これは『日本書紀』の記述と一致するため、史実と考えられる。また、百済が滅亡し、唐の勢いを恐れた耽羅国(たんらこく)が7世紀に日本に朝貢した記録が残っている。耽羅国は済州島にあった国である。(pp.156-157)

☆まったく知らなかったので驚いた。

●日本の国の成り立ちは世界的に特殊である。日本列島に成立した一地方政権が、徐々に領域を拡大して、やがて日本列島の大半を整備するようになり、最初は中国の冊封を受けていたが、国家としての自立性を高めていき、やがて中国の冊封を受けなくなり、独立した国家としての地位を固めていったのである。どの段階で国家の体をなしたと考えるかは、国家の定義の問題であって、日本の歴史の問題ではない。(p.160)

☆日本がいつ国家を成立したかを確定するのが難しい理由。

●「愛国」というと右翼と思われる昨今だが、愛国は中道であって、なにも右翼のものではない。世の中全体が左に傾いているおかげで、中道のことを言うと、右翼と思われてしまうようだ。これだけ物のあふれる自由で豊かで安全で、しかも文化の香りの高い社会に暮らしていて、国を愛して何が悪いのか。むしろ、これだけの大きな恩恵を受けていながら、国を愛さないほうがおかしいと私は思う。(pp.164-165)

☆同意。

●日本人の精神的気質の根柢には日本人の価値観がある。そして、価値観は主に1)自然観、2)死生観、3)歴史観の三つの柱によって構成されている。歴史観は日本人の精神的気質を構成する柱の一つであり、決して失ってはいけないものである。日本の独立自尊のために、現代日本人は日本の国の成り立ちと、それを守ってきた先人たちの努力を知っておくべきだろう。(pp.238-239)

☆本書の主題。


|

« 『やっぱり見た目が9割』 | トップページ | 『3日もあれば海外旅行』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/58092062

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』:

« 『やっぱり見た目が9割』 | トップページ | 『3日もあれば海外旅行』 »