« 『万能鑑定士Qの推理劇III』 | トップページ | 『社長は少しバカがいい。~乱世を生き抜くリーダーの鉄則』 »

『老荘思想』

『老荘思想』
安岡正篤
福村出版、2006/6/20、¥2,310(八重洲BC)

安岡による老荘思想の解釈書。難解。

●精神の一特徴は内分泌のように自ら思考するにある。故に一切の判断が自主直接でなければならぬ。他からの借物であってはならぬ。もし借りてきたように見えても、それは他における自己の発見、他による自己の立証でなければならぬ。(p.113)

●芸術は純真な生命の発露を尊ぶのであるから、最も俗世間の虚栄や、あらゆる因習的な束縛を嫌う。換言すれば裸を愛する。(p.121)


|

« 『万能鑑定士Qの推理劇III』 | トップページ | 『社長は少しバカがいい。~乱世を生き抜くリーダーの鉄則』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/57797837

この記事へのトラックバック一覧です: 『老荘思想』:

« 『万能鑑定士Qの推理劇III』 | トップページ | 『社長は少しバカがいい。~乱世を生き抜くリーダーの鉄則』 »