« 『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』 | トップページ | 『アメーバ経営』 »

『戦国名臣列伝』

『戦国名臣列伝』
宮城谷 昌光
文春文庫、2008/4/10、¥610(BO350)

春秋名臣伝に続く中国戦国時代の名臣列伝。戦国7雄の中から次第に秦が突出した実力を見せ始め、中国を統一していく時代を描く。春秋のようなある種のおおらかさはなくなり、ひたすら権謀と殺戮が続く時代。そして、長平の戦いでの秦の白起による趙兵45万坑殺や、今日の見方は明日の敵といった裏切りの連鎖などは、現代の共産主義中国でもあまり変わらないな、という印象を持った。

大変面白い一冊。

●儒教は、どこからみても、支配階級のための学問である。(p.41)

☆この言に従えば、日本は儒教に染まりきらなかったことで中華圏とは違う文化を持ったのかもしれない。

●想えば魏は天才を失い続けている。呉起を出奔させ、孫臏を逃がし、公孫鞅を抜擢することができなかった。富強をはたしたという驕りは、人材の発掘をにぶらせ、観察眼をくもらせ、危機意識を払底し、改善の意欲を減退させた。人でも組織でも、現状に満足してそれを守ろうとした瞬間から衰頽(すいたい)がはじまると想ったほうがよい。それをまぬかれるためには、改善しつづけても達成しえない高みに志をおいておくことであり、志と目的とはちがうということを認識しておくべきである。魏という国の志は低かったということである。(pp.840-850)

☆心して聴くべし。

|

« 『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』 | トップページ | 『アメーバ経営』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/57677381

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦国名臣列伝』:

« 『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』 | トップページ | 『アメーバ経営』 »