« 『いつやるか? 今でしょ!』 | トップページ | 『日本人のための世界史入門』 »

映画『モネ・ゲーム』

映画『モネ・ゲーム』
ユナイテッド・シネマ豊洲
監督:マイケル・ホフマン
脚本:ジョエル・コーエン 、イーサン・コーエン
出演:コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン

学芸員のハリーが、大金持ちのジャバンダーにモネの名画『積みわら、夏の終わり』の贋作を売りつける詐欺を計画し、アメリカテキサスのカウガールPJを巻き込んでドタバタを演じる。

脚本がコーエン兄弟。コメディとして見る分にはいいがちょっと緻密さに欠ける印象がある。Savoyホテル内でパンツ一丁で歩き回ったり、他人の部屋に入ったりして見つかるところ等、普通なら逮捕されるはずだが、映画内では簡単に流されているなど詐欺の映画としては破綻しているように思った。
一応の結着を見た後、最後にもう一ひねりあるが、これも事前にある程度予測がつくように作られている。もう少し演出で工夫できたのではないか、と残念。(それともわかるように撮ったのか?)

アランリックマン(ハリーポッターのスネイプ役)がジャバンダーをバカっぽく好演。

佳作。

|

« 『いつやるか? 今でしょ!』 | トップページ | 『日本人のための世界史入門』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『モネ・ゲーム』:

« 『いつやるか? 今でしょ!』 | トップページ | 『日本人のための世界史入門』 »