« 『帝国ホテルの不思議』 | トップページ | 『人たらしの流儀』 »

『交換殺人には向かない夜』

『交換殺人には向かない夜』
東川篤哉
光文社文庫、2010/9/9、¥680(借)

文字通り交換殺人を題材にした鵜飼探偵もの。ネタバレすると、交換殺人だがその時期がずれていることで色々な謎が生じ、さらに別人のように描かれた人物が同一人物だったりと、時間と人物の二つの謎を組み合わせることで話の筋を複雑にしている。

東川の小説は、そのまま読むと筋が混乱しやすいので、もしかすると図で整理しながら読むとすっきりするのかもしれない。わざわざそこまでする気はないけれど。


|

« 『帝国ホテルの不思議』 | トップページ | 『人たらしの流儀』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/57103614

この記事へのトラックバック一覧です: 『交換殺人には向かない夜』:

« 『帝国ホテルの不思議』 | トップページ | 『人たらしの流儀』 »