« 『現実を視よ』 | トップページ | 『海賊とよばれた男 上・下』 »

『小さな会社の社長の戦い方』

『小さな会社の社長の戦い方』
井上達也
明日香出版社、2012/11/15、¥1,575(くまざわ錦糸町)

業務系クラウドシステム制作会社の社長が自らの経験をもとに書いた経験論。状況が違うので役に立つところ、あまり参考にならないところ、それぞれ。類書と似たことも多く書かれているが、経験に裏打ちされているので説得力はある。

▲経営は成功する方法に従っても成功はないが、失敗する方法の逆をすれば成功する。
 失敗には法則があり成功には法則がない。
 1.どんなものでも少しは売れてしまう。
 2.「いくらをいつまでに売る」という概念を頭に入れない。
 3.常に新しい商材を探し続ける。
 4.中小企業が手を出してはいけないものに手を出す。ex. 薄利多売商品(pp.26-40)

☆失敗例を参考にする。

●商品というものは死にものぐるいになって初めて売れる。(p.40)
▲値下げは危険。価格を下げずにどうやって売るかを考える。(p.47)
▲お金持ちはお金儲けがうまいのではなく、普通の人よりもお金を使わないからお金をたくさん持っている。→富裕層ビジネスでもうけるのは困難。(p.48)
▲ビジネスを考えるときに重要なことは「普通」に考えること。「普通そういうものって売れないな」と思ったら売れない。(p.54)

☆いろいろ参考になる。

●私は今まで、「今、売れるもの」を創ってきたのです。「今、お金になるもの」を創ってきたのです。これが失敗の根本的な原因です。[略]
 ここは重要です。この一行を読むだけでこの本を買った価値があります。
 それは、「成功するために必要なのは、今、お金にならないことをすること。つまり「未来に売れるビジネスを今、創ること」なんです。(p.87)
▲マーケティングとは、どんなものでもたくさん売る技術ではなく、「まだ知られていない、よいものを人々に知らしめる技術」だったのです。よいものでなければいかに広告しようがプロモーションしようが最終的には相手にされなくなる。→お金がかかってもとにかくよいものを作れ。(p.90)
●「未来を予測し、今を行動する」これが成功するための「カギ」だと思います。(p.99)

☆本書の核心。

▲ドラッカーが「ネクスト・ソサエティ」で言っていたことの意味→これから起こるのは少子高齢化ではなく少子「超」高齢化。ただの高齢化ならば成り立つ産業も超高齢化では商売にならないものもたくさん出てくる。ex. 老人ホームのテニスコートは今だれも使わなくなっている。(入居者が高齢から超高齢になりできない)
 社長には、「ある事象から、未来を読み解く能力」が不可欠。(pp.104-105)

☆日本の未来を思い描く。

▲すべての失敗と成功は「人」が運んでくる。(p.120)

☆運のいい人とつきあう。

▲頭の良い人を見分けるコツ:課題を与えて文章を書かせ、書ける人はハズレがない。もっと簡単にしたいなら簡単な漢字テストでもよい。(p.154)

☆採用などで使える。

▲なぜ経営をするのか、本音で目的を決めること。「お金持ちになって遊んで暮らしたい」でもよい、「社会貢献」など本音と違うものはモチベーションにならない。目的が決まって初めて目標、手段が決まってくる。(p.188)

☆まさにその通りだな、と読んで思った。

●成功しない人はとにかく「手段」に固執します。自分が考えた方法へのこだわりが強く、それ以外は受け付けない、やりたくないというタイプです。「よい方法だとは思うけど私はこの方法でしかやらない」
 こういう手段にこだわる人はまず成功しません。
 伸びる人はみな、手段に対して非常に素直です。(p.194)

☆もしかしたら自分はこのタイプかもしれない。

●成功して生き残るには近道はありません。とにかく24時間仕事をし続けることです。そこまでやれば必ず活路は開きます。(p.201)

▲成功するための三つの貯金
 ・信用の貯金=信用第一。信用の一つとして人に好かれることも重要。
 ・知識の貯金
 ・お金の貯金 フローの売り上げ(一度限りのもの)をあげながら、それをストック(繰り返しの仕事)にしていく。ストックの例:保守料金、月額利用料。(p.202)

▲成功する人の資質
 ・自分を律することができる。社員や取引先にはすしを奢っても自分は牛丼を食べるなど自分に対してケチ。逆に成功しない社長は給料をいかに下げるかなど人にケチ。
 ・決断が早い。ビジネスはしょせん五分五分。ほかに先んじた方がかつ確率は高い。
 ・単独行動をする。勝手に一人で行動し様々なことに興味を持ち、自分で学び調べる。
 ・裏表がない。
 ・何が本質かわかる。
 ・耳の痛いことを言う社員を許容できる。(p.220)

☆それぞれ参考になる。

|

« 『現実を視よ』 | トップページ | 『海賊とよばれた男 上・下』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/57280312

この記事へのトラックバック一覧です: 『小さな会社の社長の戦い方』:

« 『現実を視よ』 | トップページ | 『海賊とよばれた男 上・下』 »