« 『職業としてのAV女優』 | トップページ | 『ザ・万遊記』 »

『ハイ・コンセプト』

『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』
ダニエル・ピンク (著)、大前 研一 (翻訳)
三笠書房、2006/5/8、¥1,995 (L)

これからの時代は、左脳の論理的な思考ではなく、右脳の感性を重視した考え方をしろ、という本。

●「ハイ・コンセプト」とは、パターンやチャンスを見出す能力、芸術的で感情面に訴える美を生み出す能力、人を納得させる話のできる能力、一見ばらばらな概念を組み合わせて何か新しい構想や概念を生み出す能力、などだ。
 「ハイ・タッチ」とは、他人と共感する能力、人間関係の機微を感じ取る能力、自らに喜びを見出し、また、他の人々が喜びを見つける手助けをする能力、そしてごく日常的な出来事についてもその目的や意義を追求する能力などである。(pp.28-29)

☆これからの時代に必要だと著者が考える能力。

●美は重要です。美しく見えるものは機能もうまくいくものが多い。作家兼工学教授ドン・ノーマン(p.139)

☆まったく同意。

●デザインに関する備忘録 「気になったデザイン」は忘れずに記録
 小さめのノートを用意し、常に持ち歩くようにしよう。そして、良いデザインを見つけたら、それを書き留めておくのだ。(p.155)

☆デザインに目を向ける方法。

●観念的に言えば、人間は論理を理解するようにできていない。人間は物語を理解するようにできているのだ。(p.169)

☆人を動かす際のコツに使える。

●「[デザインの] 空白のスペース」を探す 
「ネガのスペース」とは全体像の中で、私たちが見落としがちな部分である。だから、それが見えるように、目のトレーニングをするのだ。(P.237)

☆ハーシーズのデザインのキスチョコが隠れているなど、意図的に空白を使ったデザインを見抜くことで右脳を鍛える。

●サセックス大学の調査によると、右利きか左利きかにかかわらず、大多数の女性が赤ん坊を体の左側であやすのはこのためだという。赤ん坊は話すことができないため、子供の欲求を理解してやれる唯一の方法は、表情を見て、直感的に感情を理解してやることなのだ。だから、右脳ーー左を向くと活動するーーに頼るのである。(PP.247-248)

☆人間の本能はそれがわかっているということ。

|

« 『職業としてのAV女優』 | トップページ | 『ザ・万遊記』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/56845137

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハイ・コンセプト』:

« 『職業としてのAV女優』 | トップページ | 『ザ・万遊記』 »