« 『ペンギン・ハイウェイ』 | トップページ | 『ハイ・コンセプト』 »

『職業としてのAV女優』

『職業としてのAV女優』
中村淳彦
幻冬舎新書、2012/5/30、¥840(有隣堂亀戸)

AV女優の仕事についてその面接からデビュー、引退後までの流れを淡々と説明する。

最近はAV女優になりたくても競争率が厳しくてまず面接で落とされてしまう、ということに驚いた。また、90年代と00年以降では、遵法意識にしろ女優の質にしろまったく違う業界になっているということがわかり興味深かった。

|

« 『ペンギン・ハイウェイ』 | トップページ | 『ハイ・コンセプト』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/56749721

この記事へのトラックバック一覧です: 『職業としてのAV女優』:

« 『ペンギン・ハイウェイ』 | トップページ | 『ハイ・コンセプト』 »