« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

『中国「反日デモ」の深層』

『中国「反日デモ」の深層』
福島香織
扶桑社新書、2012/12/1、¥777(八重洲BC)

昨年来の中国で怒っている薄熙来失脚などの権力闘争や反日デモといった事象の背後に何があるのかを、中国駐在記者だった著者が読み解く。

反体制は知識人への熾烈な弾圧、国内で多発する民衆の暴動、農民工が中心の反日デモ、今まででは考えられなかった党中央の汚職リークなど、それぞれ無関係に見える出来事が、全体として共産党支配のほころびと危うさを示していることを指摘している。

一つ一つの事象の説明を積み上げていく著者の手法は、確かに丁寧ではあるが、かえって全体像をわかりにくくしているきらいがあった。また、例証についても噂レベルの話を根拠にしている部分もあり、若干信頼性に乏しいところがあったように思う。むしろある程度具体的な例を選択して大きな視点から描いた方がわかりやすい本になったのではないかと思った。

●国家としての尊厳を守れないような国の企業や人間の安全が、中国や中国人に重視はされない。中国人とビジネスをしたことがある人ならわかるだろう。彼らはこちらが引けば押してくる。弱みを見せれば攻めてくる。相手が反撃をしないと思えばいくらでも舐めた態度でくる。だが、こちらが実力を備えていたり、あるいは覚悟をもって強く出たりすれば、力が拮抗するところでとどまる。それが中国で言うところの交渉力なのだ。(p.235)

☆丹羽中国大使(当時)の公用車の国旗が奪われた事件に対し、丹羽氏がなあなあに済ませた態度に対する批判。著者の言う通りで、丹羽氏には日本の国益を守るという態度が終始一貫してなく、尖閣問題でも中国寄りの発言を続ける等、民主党外交の失敗の一例で大変残念だった。

●衝突を避けても、衝突の方が追いかけてくるのがこの国なのだ。きちんと衝突して、この一線を踏み越えてきたらお人好し国家•日本も本気で怒り少々やっかいなのだ、と相手に思い知らせることが、実は本当のリスク回避になる。(p.236)

☆昔から言われていたことではあるが、民主党の外交で特に顕著だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『謎解きはディナーのあとで 3』

『謎解きはディナーのあとで 3』
東川篤哉
小学館、2012/12/17、¥1,575(八重洲BC)

国立署の新米刑事、実は大財閥宝生グループのお嬢様、宝生麗子シリーズ第三弾。ゆるい謎解きと執事影山の変な敬語は相変わらずで、風祭警部を含めたドタバタを楽しむ本。

第三巻での変化は、風祭警部が警視庁本庁に栄転になること。ただ、なんとなく次も出てきそうな雰囲気なので、実際に次巻が出るまではどうなるかわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年の10冊

2012年に読んだ74冊の中から選んだ、今年の7冊+α。
昨年は色々忙しくて100冊読めなかったのと、圧倒的に面白い本はなかったので、順位は気分で、8位以降はオマケ。

1. 『チャイナ・ナイン 中国を動かす9人の男たち』:中国共産党の権力構造を描いた筆致は鮮やか。
2. 『ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録』:賛否はあろうが、当代トップバンカーの自叙伝は貴重。
3. 『スターバックス再生物語 つながりを育む経営』:創業者による経営立て直しの物語は感動的。
4. 『Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学』:完全に真似はできないが参考になる。
5. 『ビブリア古書堂の事件手帖3』:次第に明らかになる栞子と母の謎。相変わらず読ませる。
6. 『雑巾がけ: 小沢一郎という試練』:小沢一郎の人物像だけでなく、著者による政界修行も面白い。
7. 『裸でも生きる』:ヤンキーからSFCに入り、バングラディシュで鞄を作るバイタリティは羨ましい。

8. 『代官山 オトナTSUTAYA計画』:団塊をプレミアエイジと呼び換えるセンスが参考になる。
9. 『陽だまりの彼女』:各書店で平積みになっていただけあって、一気に読ませる。
10.『コレキヨの恋文』:安倍政権のリフレ策を高橋是清の時代に重ねて分かりやすく語る。

 2012年は、一昨年経営関係の本が少なかった反動で、経営•経営者に関する本を比較的多く読んだ。また、日中関係の緊張などで中国に興味を持ち、関係書を何冊か読んだ。その他は、あまり重くない小説を手に取った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »