« 映画『けいおん!』 | トップページ | 映画『ロボジー』 »

『メディア化する企業はなぜ強いのか?』

『メディア化する企業はなぜ強いのか?』
小林弘人
技術評論社、2011/12/25、¥1,554 (丸善本店)

「フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識」と副題にあるように、SNS特にfacebookに焦点をあて、企業がいかにしてソーシャルネットに適応していくかについて述べている。
一言で言うならば、出版社がやっていたようなメディア機能を自社で持ち、ユーザーとの関係を強化していうことで自らのポジションを見つけよう、ということになるだろう。

『新世紀メディア論』でもそうだったが、小林の主張は非常に断定的で、新しいメディアを煽動する立場としてはそうならざるを得ないのかも知れないが、読み進めるのに少し苦労した。

●これまでは、ブランド企業が物語るためのメディアとして、書籍や雑誌が適任でした。今でも宝島社が「ブランド・ムック」といった有名アパレルの商品を付録に同梱した雑誌を売り、成功をおさめています。これは紙の雑誌とそのブランドのもつ価値という両者の希少性を重ね合わせた、まさに紙の雑誌にしかできない戦略だと思います。
 もう少しかみ砕くと、紙の束そのものの希少性というよりは、ここでは流通経路の希少性が活用されています。我が国の書店は、アパレルがリーチできない都市部以外にも数多く存在し、大都市圏と時差なく同時に商品(本)を並べることができます。アパレルが出店するまでもなく、ブランド価値を毀損しないように自社製品を潜在顧客に刷り込むことができる場所として、そこに書店流通というネットワークを配置したことが成功の秘訣ではないでしょうか。本を本として届けたのではなく、ブランドを売り込むための包装に使ったのです。付録という名目ならばほぼ何でも流通させることのできるリアルな図書流通ネットワークを徹底活用した好例だと思います。(pp.79-80)

●物語の力をマーケティングに利用するという方法論で大切なことは、消費者にも物語れる場を自由度を与え、企業と共に協創してもらうことです。[略]
 『遠足型消費の時代』(中沢明子・古市憲寿、朝日新書)では、そんな時代に生きる消費者の気分をうまく表現しています。
 同書は現代におけるコンサマトリー(自己充足)化を指摘し、匿名性の高い世間ではなく、自身の身近な関係性を中心にコミュニケーションが進んでいると分析します。(pp.84-85)

●『フリー』のなかで、あまり注目されていないけれども、重要なセンテンスがあります。それをここに挙げておきましょう。もともとは、編集者のスチュアート・ブラントが述べた言葉を著者のクリス・アンダーソンが言い換えたものです。「潤沢な情報は無料になりたがる。希少な情報は高価になりたがる」(p.106)

●よく聞かれる質問に、「フェイスブックは日本で流行りますか?」というのがあります。わたしは、先進層と大学生・社会人の多くはフェイスブックに引越し、ミクシィは中・高生や主婦層の既存携帯ユーザーを擁する二極化が直近では進のではないかと考えます。(p.200)


|

« 映画『けいおん!』 | トップページ | 映画『ロボジー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/53870396

この記事へのトラックバック一覧です: 『メディア化する企業はなぜ強いのか?』:

« 映画『けいおん!』 | トップページ | 映画『ロボジー』 »