« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

『ストーリーメーカー 創作のための物語論』

『ストーリーメーカー 創作のための物語論』
大塚英志
アスキー新書、2008/10/10、¥790(ジュンク堂新宿)

 書中の30の質問に答えて行けば誰でも物語が作れる、という惹句の本。
 著者も述べているように30の質問に答えることはある程度労力を要する作業なので、「誰でも」できるかどうかは疑問が残るが、実際に大学の講義で使用しているメソッドを新書にまとめたものなので、適切な指導があればおそらく物語を作ることは可能だろう。
 ただ、本書の価値はそちらよりもむしろ物語論の解説にあると考えるのが適当。プロップの『昔話の形態学』やボグラーの『神話の法則』等を引き、すべからく物語は決まった構造に帰納することができ、そうであるならばその構造を演繹することで物語を作ることができるし、村上春樹や中上健次は多分にその手法で小説を書いた、というのが本書の主旨である。特に、最近は政治の世界でも物語論に従ったシナリオで国民が熱狂した例があることなどを述べており、非常に説得力のある内容だった。
 もちろんすべての小説や映画が大塚のいう物語論に従っているとは限らないが、一つの考え方としてわかりやすく、一読の価値はある。
 少し残念だったのは、校正漏れが多く、誤字脱字によって読みづらい文や意味の取れない文があったこと。

●現在の日本でそこそこに名の知られているまんが作品の大半が実はハリウッド映画に映画化権が渡っているのは、その「ストーリー」に海外から見た時の価値があるからです。ジャパニメーションと呼ばれる日本のまんが、アニメーションを日本人自身は「萌え」や「オタク」や「コスプレ」としてしかプレゼンテーションできない現状との乖離がここにあります。(p.106)

●『キャラクター小説の作り方』で示したように、イラク戦争という根拠なき戦争に対して人々から批判的能力を奪ったのは、あの戦争がハリウッド映画の文法通りに進行していった、すなわち、「戦争」を解釈する思考が経済でも思想でもなく「物語論的な因果律」に取って代わっている、という事態でした。ようやく今になってそのつけが回ってきた「小泉改革」においても、それを国民が熱狂的に支持した「郵政選挙」もまた、イラク戦争と全く同じ物語構造をもち、いわば両者は物語論的には「ヴァリアント」であることについては同書の文庫版で示しました。(p.149)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『明日のコミュニケーション』

『明日のコミュニケーション』
佐藤尚之
アスキー新書、2011/10/11、¥780(ジュンク堂新宿)

『明日の広告』の続編。SNS時代の広告手法はどうなるかについて書かれた本。

何らかのSNSを使っている人間には目新しい内容はあまりないように思う。本書の内容を一言で要約すると、今後の企業広告は「ロングエンゲージメント」と「共感」が大事、ということになろうか。ただ、そのたりは『ソーシャルメディア進化論』でも言葉こそ違え延々と述べられていたし、最近の類書であれば一様に指摘している。

本書で注意を引いたのは、著者が鳩山元首相にツイッターの利用を進言して鳩山氏が人の話を良く聞く人だなあと感心した(p.33)り、菅元首相に進言して米国、英国、中国、韓国、ロシア、フランスの海外7紙に援助への感謝広告を出したことを自慢したり(p.71)といった部分。震災直後などもっとクリティカルな部分でtwitter等が利用されていたことを思い起こすならば、著者の例や認識は今ひとつ呑気だと思わせる。

また、Googleのリンク数による客観的順位よりも友人知人の推薦の方が常に役に立つと無条件に前提しているが(p.140)、どちらが役に立つかは場合によって変わるはずで、そのあたりの無邪気さが気になった。他にも本書にはこういった前提を論証しないまま「これはこうなのだ」と主張してしまっている部分が散見されたこともあり、今ひとつ説得力に欠けた。

民主党支持の人には気持ちよく読める本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『パプリカ』

『パプリカ』
筒井康隆
新潮文庫、1992/1/1、¥700(BO¥400)

精神医学研究所に勤める千葉敦子は超一流のサイコセラピストであると同時に、患者の夢に侵入し無意識の原因を探って治療する夢探偵パプリカの顔を持つ。
前半はパプリカの活躍を描くが、研究所の開発した人格を破壊するほど強力な治療テクノロジー「DCミニ」をめぐる争奪戦が始まると、後半は物語世界が崩壊していく。

『文学部唯野教授』でも出てきたようなホモの腰巾着研究員が本作でも出てくるが、筒井には何かそのあたりにこだわりでもあるのだろうかと感じさせるほど同性愛の描写が出てくる。また、パプリカの人物像は優しくて、何でも言うことを聞いてくれて、最後は気持ちよくさせてくれて、というように男性に都合の良い女性という感じ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ガリレオの苦悩』

『ガリレオの苦悩』
東野圭吾
文春文庫、2011/10/10、¥680(ジュンク堂新宿)

探偵ガリレオ湯川学シリーズ第四弾。知らずに買ったが、テレビドラマですでに見たプロットのものだった。どちらが良い悪いということではないが、できれば小説を先に読んだほうがドラマの機微を楽しめた気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『コラプティオ』

『コラプティオ』
真山仁
文藝春秋、2011/07/30、¥1,800(L)

日経の書評他で推薦されていたので読んでみた。

東日本大震災後の日本。既成政党に倦んだ国民の前に強いリーダーシップを持った宮藤が首相として現れる。停滞する経済を立て直すため、原発輸出を柱とする経済政策を打ち出し、国民の支持を集める。
宮藤の政策秘書白石は、自らの原発政策が実行されたことで忠実に宮藤に仕えるが、原料のウラン確保のためアフリカの内戦国ウエステリアとの関係を強める宮藤に疑問をいだく。一方、白石の同窓生で新聞記者の神林は、原発政策のために行われた強引な民間企業国有化に疑問をもち、取材を続けるうちにウエステリアでのウラン権益に不正の痕跡を見つける。

アマゾンなどでも高評価だったが、自分はあまりノれなかった。登場人物に現実感がない。白石と神林は慶応卒という設定だが慶応っぽくないし、宮藤は人物というより「こんな総理がいたらいいな」的な記号が動いているようだし、新聞記者はいやに一生懸命仕事をしている。

もう一つの違和感は、旧来型メディアである新聞が大きな役割を果たす一方、作中にインターネットがまったくといっていいほど取り上げられていない点。東日本大震災後は官民ともtwitterなどで積極活用で情報共有をしながら援助活動を行っていたのは記憶に新しい。むろん、新聞も重要であることは間違いないだろうが、ネットがまるでないかのように扱われていることで、大震災後の設定にも関わらず、本作に昭和の空気感を漂わせている。あまり小説の設定を複雑にしすぎないための配慮かもしれないが、その辺りで自分の感覚とのずれを感じた。

一通り面白く読み進めたが、読みながら「なんかちがうなぁ」と呟いているうちに読了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐山展生 講演『リーダーの危機突破力』

11/11/30
演題:『リーダーの危機突破力』
講師:佐山展生
主催:夕学五十講

M&Aを日本で初めてビジネスとして展開した佐山展生氏による講演。
演題は『リーダーの危機突破力』だが、関連した話は5分くらいで、自己紹介が30分とあとは人生の教訓のような話が大部分。
話は面白かったのでこれはこれで聞く価値はあった。

・散らないうちに富士山頂にきた人はいない(狙っている者だけが獲物を獲る)
・難しい説明はその人が分かっていない証拠
・迷ったら「とりあえず」やってみる(「とりあえず」が開く新たな世界)
・今ある世界が全てではない。
 (落ち込むと今ある世界が全てと思いこむが、地球規模では取るに足りない大きさ)
・「力」は「試練」に比例してつく
・「日常」の延長線上に「飛躍」はない
・成功者の中には、自分は「強運」だという人が多い
 「ついている」という人
 (「難しいことに挑戦」できそうにないことを達成して幸運(つき)を実感)
 「ついていない」という人
 (「難しいことに挑戦」していないため、できて当たり前ができず不運を実感)
・「今」当たり前のことは、「今」楽しんでやっておこう
・いくつになっても、今は10年後より10才若く可能性が大きい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前刀禎明 講演『五感を活かすセルフ・イノベーション』

11/10/20
演題:『五感を活かすセルフ・イノベーション』
講師:前刀禎明
主催:夕学五十講

元Apple Japan社長で現在は五感を大事にする創造的リーダー育成を目的とする株式会社リアルディアを経営している前刀禎明氏による講演。

ちょうどSteve Jobsが亡くなった直後のこともあり、Apple時代にも時間が割かれた。
ただ本来の主題は「これからはデジタルやロジカルシンキングではなく、五感を大事にした創造的思考・クリエイティブシンキングの時代だ」というもの。AppleのiPodに代表されるデジタルgadgetが時代を変えたことは認めつつ、猫も杓子も四六時中イヤホンをつけて生活をすることの異常さに気づくべき、と説く。
keynoteを駆使した講演は、デジタルを十二分に駆使しつつデジタルを否定するという不思議な空間だった。

3)動かす力
・Appleのマーケティング Momentum(kenote speechなど) > Demand → Desire
  例:iPod miniの日本でのマーケティング
・感性訴求 vs. 機能訴求 Apple iPod vs. SONY walkman
・継続的なイノベーション 
  同じ事を何度も繰り返しながら違う結果を期待することは狂気だ by アインスタイン
  あなたの最高傑作は?→ next one by チャップリン

2)創る力
・何が欲しいかなんてそれを見せられるまでわからない → 先を読む力
・自分が欲しいものを作る → 自分の感性を信じる
・自社の製品を最高だと思わないものが売れるわけがない
・iOS4→iOS5でデザインをfinetuneした。Shadowをblackからgrayに、3pxから4pxに。
・わずかな違いのこだわりが大きな差を生む。
・Disney:"Exceed Expectations." 期待を超える。
・SONY:「他社の追随を許さない物作り」井深大、設立趣意書。『ソニーとSONY』
・Bain & Co. 「結果を出す」
・Logical Thinking (MECE) → Beyond Logical Thinking =Creative Thinking
・戦略的直観 = Strategic Intuition

1)感じる力=五感を使う
・何が起こるか当てることはできないが、方向性を感じることはできる
・時代はアナログ。iPodを聴いて歩くな。
・素直に学ぶ力「直観力」
・想像力&創造力 先入観を捨てる。視覚は固定観念にとらわれやすい
・時代に動かされrず、自分で未来を創る 「さらなる挑戦」

・どこを目指すか、どんな人間になりたいか
・問題を解決できないのはルール通りに動いているから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『リーダーシップ』

『リーダーシップ』
山内昌之
新潮新書、2011/10/20、¥714(ジュンク堂新宿)

新聞その他複数の書評欄で推薦されていたので購入。

過去の偉人のリーダーシップを紐解き、翻って政権交代後民主党政権の首相にその才が欠けている、ということを延々と述べた本。歴史を紐解いていて自分に役立つと思える部分もあるが、本書の主旨は民主党の批判にあって政治に関わる話が主なので、政治家以外の人間にはあまり役に立たない事例が多い。
「第二部偉人のリーダーシップ」として吉田松陰、山口多聞、織田信長・松永久秀を取り上げていて、著者がこれらの人物に強く肩入れしていることが伺える。

民主党を批判するのは結構だが、だから何、という印象。今更「鳩山がだめだ」「菅がだめだ」と言ったところで、それはすでに周知の事だし、事態が好転するわけでもないので、不毛な議論だろう。「野田新首相に期待する」と述べているが、それも特に根拠のある主張にはなっていない。

●西郷隆盛は、[略] 無教会派キリスト者の内村鑑三でさえ日本史でいちばん偉大な人物と讃えたほどの人物である。維新後の西郷は経済改革について無能だったかもしれず、内政についても木戸孝允や大久保利通の方が精通していたに相違ない。また、国家の平和的安定をはかる点では、公家の三条実美や岩倉具視でさえ西郷よりも有能だったかもしれない。内村も語るように、新たな明治国家はこの人々の全員がいなくては、実現できなかったともいえる。しかし、西郷がいなければ、明治革命そのものが可能だったかといえば答えは否ではなかろうか。まさに、木戸や三条を欠いたとしても、革命は上首尾ではないにせよ、たぶん実現を見ていたという内村の見方は正しい。「必要だったのは、すべてを始動させる原動力であり、運動を作り出し、『天』の全能の法にもとづき運動の方向を定める精神でありました(『代表的日本人』)[略]
 数多くの悲劇や犠牲を出した欧米の近代革命と比べると、最小限の流血によって近代社会へ飛躍した日本の経験は、おそらく西郷がいなければ不可能だったに違いない。
 西郷の偉大さは、犠牲者を最小にしながら効果の大きい革命を実現した点にあるのだ。(p.52-53)

●「不相応な好運は知恵のない者には不幸に陥る契機ともなる」とは、古代ギリシアの哲学者プルタルコスの言である。やや酷な言い方になるが、2009年の衆院選挙で308議席もの多数を獲得した民主党政権の動きを見ていると、思いがけない幸運に本来の力量や才覚が追いつかない不幸を感じてしまう。(p.54)

●痩我慢の説による挑発には勝も榎本も驚くほど寡黙であった。口数が少ないのも、時にはリーダーに必要な脂質である。福沢の多弁さは政治家でなく評論家の質なのだ。それでも福沢は聡い人間である。「痩我慢の説」を10年後に発表したのは、どこか内心で忸怩たる思いがあったせいでもあろうか。公表は福沢の死の一ヶ月前であり、勝はその二年前に逝去していた。そして、すでに政界から引退していた榎本は七年後の静かな死を向島で待つだけの身だったのである。(p.66)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』

『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』
三上延
メディアワークス文庫、2011/10/25、¥557(ジュンク堂新宿)

ビブリア古書堂シリーズ第二巻。
今回は主人公五浦大輔が昔付き合っていた女性の父親の持っていた古書を巡る話と、店長篠川栞子と出て行った母の過去の一端が明かされる話。

最近純文学系の文章に慣れていたため、ライトノベル系の文章に波長を合わせるのに少し時間がかかった。このシリーズは、ライトノベルレーベルで出ているが、かなり普通の小説に近く、古書にまつわるミステリーにもなっている。ゆったりとした時間の流れを感じられるので、気持ちよく読むことができる。

第三巻以降に栞子の過去が明らかになることが予告されたので、読むのが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『村上ラヂオ』

『村上ラヂオ』
村上春樹・文、大橋歩・画
新潮文庫、2003/7/1、¥420(博文堂本店)

ananに一年連載されたエッセーをまとめたもの。
さらさら読めて、後に引かない。時間つぶしにちょうどよかった。

●ドビュッシーに『版画』という曲がある。三つの部分に分かれていて、最初が「塔(パゴダ)」、日田つめが「雨の庭」、最後が「グラナダのよる」、それぞれの異国的な情景を、ピアノが印象派の絵のように音で細密に描写していく。美しい曲なので、機会があったら聴いてみてください。(p.102)

●思うんだけど、恋をするのに最良の年頃は16歳から21歳くらいではないだろうか。もちろん個人差はあるから簡単には断言できないけど、それより下だとなんかガキっぽくて見ていて笑っちゃうところがあるし、逆に20代になると現実的なしがらみがくっついてくる。更に上の世代になると、余計な知恵なんかもついちゃって、まあ、あれですよね。(p.172)

●かなりの確信をもって思うんだけど、世の中で何が一番人を深く損なうかというと、それは見当違いな褒め方をされることだ。そういう褒め方をされて駄目になっていった人をたくさん見てきた。人間って他人に褒められると、それにこたえようとして無理をするものだから、そこで本来の自分を見失ってしまうことが少なくない。
 だからあなたも、誰かに故のない(あるいは故のある)悪口を言われて傷ついても、「ああよかった。褒められたりしなくて嬉しいなあ、ほくほく」と考えるようにするといいでうs。といっても、そんなことなかなか思えないんだけどね。うん。(p.189)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『40代にしておきたい17のこと』

『40代にしておきたい17のこと』
本田健
だいわ文庫、2011/4/15、¥600

タイトルに釣られて購入。
よくある自己啓発系の話で、できることもあり、できないこともあり。内容自体は薄いので流し読み程度で十分。

●『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』の著者で、私の長年の親友の望月俊孝さんの言葉を借りれば、「夢はかなうからその人の心に宿る」のです。
 一つの夢をかなえると、「夢は実現できるんだ」と、自分自身に許可が下ります。そこからは、また一つ、また一つと、夢がかなっていくでしょう。(p.162)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ソーシャルメディア進化論』

『ソーシャルメディア進化論』
武田隆
ダイヤモンド社、2011/7/29、¥1,890(丸善日本橋)

タイトルにだまされて買った。
ソーシャルメディアをインターネットの中に位置づけるという主旨の本らしいのだが、論文風のわりに論旨が明快に見えず、読むのに苦労した。内容的には自分でソーシャルメディアを使っている人間であれば目新しいことは見出せないだろう。読み方が悪いのかも知れないが、結局何を言いたいのか最後までよくわからなかった。
一言で言うならば、ソーシャルメディアで成功しようと思ったら、お客さんと深いつながりを築くシステムを設計せよ、ということらしい。

●インターネットの参加者は、大衆として扱われることを極端に嫌う。自分たちは、個の集合であると主張する。交換可能な大衆として扱えば、無視されるどころかかみつかれる。インターネットでは、対話を通して、ひとりひとりを特別で唯一の存在として扱う態度が求められる。(p.79)

●[関係構築のソーシャルメディアの特徴としての「20名の法則」により] お互いのニックネームやプロフィールを覚え合って、長期間にわたりお互いを配慮し合える空間は20名程度が限界で、それ以上になると関係構築の場としては不向きになるようだ。[略]
 20名を超えて活性を維持するサークルも出現する。それらのサークルは、参加者が20名を超えたあたりで場の用途を関係構築から情報交換に変えて使用し始めるという状況が繰り返し観察された。関係構築の場として使われるソーシャルメディアは、情報交換を目的としてそれとは正反対の形態を見せる。[略] マイミクでも実際に交流がさかんなのはだいたい10名程度で20名を超えることはめずらしい。私がいないと成り立たない、自分はこの場の大事な一員だとみんなが思えている状況が、場を最も活性化させる。(p.99-100)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »