« 『蛇を踏む』 | トップページ | 『ソーシャルメディア進化論』 »

『此処彼処』

『此処彼処』
川上弘美
新潮文庫、2009/9/1、¥460(BO¥105)

日経新聞の日曜欄に一年間連載したエッセーをまとめたもの。思い出のある土地の記憶を季節季節に合わせて書いている。

●長い一週間だった。逼塞していて、けれど何やら豊かで、そのときは早く時間が過ぎてくれないかと願うばかりだったが、あれから十八年たった今思えば、あんな贅沢な時間はもう二度と過ごせないのだと分かる。
 大切な時が、大切だったと知るのは、いつだってその時が遠く過ぎ去ってからだ。マダガスカルの秋の日差しは淡かった。淡くて、つくづく、美しかった。(p.169)

|

« 『蛇を踏む』 | トップページ | 『ソーシャルメディア進化論』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/53346391

この記事へのトラックバック一覧です: 『此処彼処』:

« 『蛇を踏む』 | トップページ | 『ソーシャルメディア進化論』 »