« 『東京シティ・フィル三ツ橋敬子特別演奏会』 | トップページ | 『源氏物語 千年の謎』 »

『万能鑑定士Qの事件簿X』

『万能鑑定士Qの事件簿X』
松岡圭祐
角川文庫、2011/6/23、¥540(L)

凛田莉子シリーズ第10作。本作はだまされてばかりだった駆け出しの莉子が、チープグッズの瀬戸内に訓練されてどのように一人前になったかを描く。その過程で、エメラルド密輸に関連した美容室チェーン乗っ取り事件を解決に導く様子が描かれる。

莉子がただのお馬鹿から天才的頭脳に鍛えられる様子があまりに鮮やかすぎて現実的ではないが、そこが万能鑑定士の万能鑑定士たる所以ということで、あまり深く追求せず楽しく読むべき本。

●「考え方がわかっていないだけだよ。前にもいったように、”有機的自問自答”と”無機的検証”の二段階で論理を紐解くんだ。物事の真実にしろ、あらゆる問題の解決法にしろ、それであきらかにできる」
「難しそうですね」
「なに、簡単だよ。まず有機的自問自答とは『理由をひとつに絞れ』。無機的検証は『それが終わればすべて終わりか否か』。これだけだ」(p.54)

●二桁どうしのかけ算において、十の位が同じ数字で、一の位が足して十になる場合は、まず十の位に一多い数をかける。[76×74] この場合は7かける8で56。それから一の位を掛け合わせて24。ふたつをならべれば答えになる。(p.68)

|

« 『東京シティ・フィル三ツ橋敬子特別演奏会』 | トップページ | 『源氏物語 千年の謎』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/52837758

この記事へのトラックバック一覧です: 『万能鑑定士Qの事件簿X』:

« 『東京シティ・フィル三ツ橋敬子特別演奏会』 | トップページ | 『源氏物語 千年の謎』 »