« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

『僕はいかにして指揮者になったのか』

『僕はいかにして指揮者になったのか』
佐渡裕
新潮文庫、2010/8/28、¥500(丸善日本橋)

今では世界的に有名な指揮者佐渡裕が、小学生のころ指揮者になることを夢見てから夢を実現するまでの自叙伝。

本書を読んでいかに自分が真剣に物事に向き合ってこなかったかを痛感させられる。ただ一つのことを思い続け努力を続けて初めて周囲の人の協力が得られ、夢に近づくことができるのだということをこれほど鮮やかに書かれてしまうと、自分の心に後悔の痛みが走る。

大学の時、急に真面目になった先輩に連れられて出会い、指導霊について教えた朽木丈人氏。レナードバーンスタインとの出会い。借金してでも勉強しろと後押しした小澤征爾。修行中からさまざまな援助をし、現在佐渡のマネージャーを務める佐野光徳氏との出会い。佐渡の情熱と努力が一流の人との出会いを生んだということが、(佐渡が意識したかどうかはさておき)本書ではこれでもかと明らかにされる。まさに、「天は自ら助くる者を助く」以外の何者でもない。

ところで、ブザンソン国際指揮者コンクールでこの二年間連続で日本人指揮者が優勝したが、本人達の努力は無論のことながら、本書があることも一役買ったのではないかと思えるほどよく書かれたノウハウ本としても読むことができる。若い指揮者希望の人はおそらく間違いなく本書を読んでいる。

才能のない平凡な人間は、地道な努力を続けることしかできないのだ、と改めて感じさせられた本。

●[朽木丈人]先生に「その人は僕の"守護霊"ですか?」と聞くと、「そうじゃない。その人は"指導霊"といって、君が努力したらしたぶんだけ、頑張って示唆を与えようとしてくれるひとだ。君はその人に恵まれている。だから、努力すればしただけ成長していくよ。だけど、君が怠けたらその人は君の所から離れていくよ」(p.51)

●小澤[征爾]先生は、「あんたね、バカじゃなかったら親に借金してでも、今は勉強続けて方がいいですよ。僕も、そして何よりバーンスタインがあなたのことを認めているんですから」と言ってくれたのである。(p.100)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『源氏物語 千年の謎』

『源氏物語 千年の謎』
高山由紀子
角川文庫、2011/6/23、¥660(TSUTAYA東大島)

ブックフェアの角川ブースで映画広告が流れていたのを覚えていて、なんとなく購入。
源氏物語の著者紫式部と、時の権力者藤原道長の関係を描きながら、光源氏がどのように生まれたかを幻想的に描く。物語が進むにつれ、作中人物であったはずの光源氏が現実となって式部の前に姿を現す。

映画監督の著者が小説として書いたもので、文章自体は必ずしもこなれていないため時に読みづらい。しかし源氏物語の力を借りて小説を組み立てているので、紫式部の力で読んでしまうといった印象。
もとの源氏物語を若干改変して解釈している部分(御息所と夕顔の関係など)があり、あれっと思ったりもしたが、小説を進める上では面白いアイデアだと思った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『万能鑑定士Qの事件簿X』

『万能鑑定士Qの事件簿X』
松岡圭祐
角川文庫、2011/6/23、¥540(L)

凛田莉子シリーズ第10作。本作はだまされてばかりだった駆け出しの莉子が、チープグッズの瀬戸内に訓練されてどのように一人前になったかを描く。その過程で、エメラルド密輸に関連した美容室チェーン乗っ取り事件を解決に導く様子が描かれる。

莉子がただのお馬鹿から天才的頭脳に鍛えられる様子があまりに鮮やかすぎて現実的ではないが、そこが万能鑑定士の万能鑑定士たる所以ということで、あまり深く追求せず楽しく読むべき本。

●「考え方がわかっていないだけだよ。前にもいったように、”有機的自問自答”と”無機的検証”の二段階で論理を紐解くんだ。物事の真実にしろ、あらゆる問題の解決法にしろ、それであきらかにできる」
「難しそうですね」
「なに、簡単だよ。まず有機的自問自答とは『理由をひとつに絞れ』。無機的検証は『それが終わればすべて終わりか否か』。これだけだ」(p.54)

●二桁どうしのかけ算において、十の位が同じ数字で、一の位が足して十になる場合は、まず十の位に一多い数をかける。[76×74] この場合は7かける8で56。それから一の位を掛け合わせて24。ふたつをならべれば答えになる。(p.68)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『東京シティ・フィル三ツ橋敬子特別演奏会』

日時:2011/9/22 19:00-21:00
題名:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 三ツ橋敬子特別演奏会
場所:ティアラこうとう 大ホール ¥4,000
出演:三ツ橋敬[指揮]、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団[管弦楽]
曲目:ブラームス / 大学祝典序曲 作品80
   ブラームス /ハイドンの主題による変奏曲 作品56a
   ブラームス /交響曲 第1番 ハ短調 作品68

ディアラこうとうの大ホールに入ったことがなかったので聴きに行った。
座席の場所があまりよくなかったのか、一つ一つの音が立った感じではなく、混ざってしまってなんだかわからない音だったのが少し残念。
また、区の施設のためか、アンコールなしだったのも拍手が盛大だった分残念だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »