« 『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』 | トップページ | 『劇場版“文学少女”』(DL) »

『倉本 倉田の蔵出し』

『倉本 倉田の蔵出し』
倉田英之
アスキー・メディアワークス、2008/7/8、¥1,680(amazon¥491)

『R.O.D』シリーズ著者のエッセー本。『R.O.D』がそれなりに面白かったのと、「女は紙かjpgに限る!」というキャッチコピーに惹かれて読んだ。

内容はかなり自分の理解を超えており、とりあえず読み通したが、ほとんど頭に入らなかった。
まさにオタクを体現したかのような、漫画やDVDに埋もれた著者の自室写真の表紙や内容で、自分はまだ「オタク」を自称できないな、と思ったのが本書を読んだ収穫。

 皆様、DVD買ってますか?私は買ってます。このコラムの依頼を受けて一ヶ月、数えてみたら104枚ほど買ってました。[略]  こんなに買ってたら見てる時間などありません。そもそも見てたら仕事ができません。仕事が終わらなければお金が入らない、つまりDVDが買えない!だから私は今日もDVDが見たいのをガマンして、見ないDVDを買うために働くのです。なんだこの無限地獄。 いいのです、DVDは劣化など無関係のデジタルメディア。今は見れなくても、老後に時間が余ったときに見まくればいいのです。その時になって「おお、『とんがり帽子のメモル』を買っとけばよかったのう」と後悔なんかしないために、今のうちに買って大事に保管しておくのです。いわゆる先行投資ですね。  自分にそんなイイワケをしながら買い続けてる間に、おウチのDVDは約15000枚になりました。(p.188)

|

« 『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』 | トップページ | 『劇場版“文学少女”』(DL) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/51858787

この記事へのトラックバック一覧です: 『倉本 倉田の蔵出し』:

« 『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』 | トップページ | 『劇場版“文学少女”』(DL) »