« 『万能鑑定士Qの事件簿VIII』 | トップページ | 『心臓に毛が生えている理由』 »

『リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術』

『リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術』
本田直之
東洋経済新報社、2011/4/22、¥1,575(八重洲BC)

レバレッジリーディングのクラウド編ということで購入。
内容はレバレッジリーディングの焼き直し。iPhone、iPad、キンドル、エバーノート、Facebook、Twitterを使いこなし、クラウド時代の情報収集ノウハウを身につけよう、というものだが、ほとんど目新しい内容はない。ただ、忘れかけていたレバレッジリーディングの復習にはなった。

スクリーニング値からを高める貴重な情報源として重宝しているのが、『月刊経営予測エイジ』『クーリエ•ジャポン』『選択』の3誌です。(p.130)

オーディオブックではありませんが、「著者の生の声を聴く」という観点でわたしが気に入っているウェブサイトは「TED」です。TEDことTechnology Entertainment Designは、カリフォルニアで「TEDカンファレンス」という講演会を開いている組織で、サイトではその模様を無料配信しています。[略] 経営者や技術者や学者やアーティスト、優れたビジネスパーソンのスピーチが家に居ながらにして楽しめます。(p.138)

『7つの制約にしばられない生き方』という本の企画をひらめいたとき、わたしは[twitterで]こうつぶやきました。
「もし、何か一つ制約がなかったとしたら、あなたはどんなライフスタイルを送っていますか?それを実行するために、今足りないものなんですか?この質問に答えれば、ストレスフリーでハッピーなライフスタイルを送るヒントがきっと見つかります」(p.155)

[twitterアプリ]「HootSuite」の便利な点は、自分がリンクを貼ったものがどれだけクリックされたを確認できる点です。(p.158)

|

« 『万能鑑定士Qの事件簿VIII』 | トップページ | 『心臓に毛が生えている理由』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/51752930

この記事へのトラックバック一覧です: 『リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術』:

« 『万能鑑定士Qの事件簿VIII』 | トップページ | 『心臓に毛が生えている理由』 »