« 『ビジネスマンのための「読書力」養成講座』 | トップページ | 『グーグル秘録』 »

『謎解きはディナーのあとで』

『謎解きはディナーのあとで』
東川篤哉
小学館、2010/9/2、¥1,575

本屋大賞候補作ということで、平積みになっていたのと、話題作だと聞いたので買ってみた。

国立署の刑事宝生麗子は、実は大財閥宝生グループのお嬢様。彼女が事件の謎に悩んでつい話しかけるのは専属執事で運転手の影山。影山は麗子から事件の概要を聞いただけで謎を解いてしまう。

という設定で、謎解き自体は複雑ではなく、現実の世界では捜査をしっかりすれば謎解きの不要な事件が並ぶのでリアリティはない。

本書はむしろお嬢様と執事の掛け合いを楽しむ小説で、それにノれれば、違和感なく読める。
宣伝文句の「この程度の真相がお判りにならないとは、お嬢様はアホでいらっしゃいますか」という執事のセリフが本書の特徴をよく表している。


|

« 『ビジネスマンのための「読書力」養成講座』 | トップページ | 『グーグル秘録』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/51029595

この記事へのトラックバック一覧です: 『謎解きはディナーのあとで』:

« 『ビジネスマンのための「読書力」養成講座』 | トップページ | 『グーグル秘録』 »