« 『読書は1冊のノートにまとめなさい』 | トップページ | 『万能鑑定士Qの事件簿VI』 »

『人生を変える大人の読書術』

『人生を変える大人の読書術』
牧野剛
メディアックス、2009/2/25、¥1,575(L)

河合塾の国語教師が本の読み方を語った本。「大人の読書術」とはいいながら、予備校の生徒あたりを想定した書き方になっている。著者は全共闘の活動をしていただけあり、思想的な話になると左翼すぎてついていけない。特に、731部隊や下山事件など何冊かの本を著者流に解説した最終章は、思い込みに過ぎてほとんど参考にならなかった。が、読み方の技術的な部分では参考になるところもあった。

とにかく、毎日読むことを基本とし、週間とすること。同じことは佐藤優の『私のマルクス』にも書かれている。本を読むということは、僕にとって規則のようなものなのだ。(p.18)

自分にルールを課していると、それがいつしか習慣となっていく。(p.22)

多くの[新書]が速成で、喋ったものをテープにいれ、編集する者が起こして作ることによって、読みやすいが、内容が喋り手の自己満足に流れることが多くなった。(p.31)

生まれて初めて手に入れた本(p.32)

自分が初めて自分のお小遣いで買った本は、多分「キャンディ・キャンディ」だったと思う。そんなことをふと思い出した。

僕は考えたあげく、文章を要約することを生徒たちに強いてみることにした。 [略] だいたい本文の四分のぐらいを目安に線を引いていく。そして、その線を引いたところを書き写し、つなげてみる。順序はそのままで、言葉もそのままである。 そのとき、論理的に文章としてつながるように、指示語等を変更していく。 これができたら、それをさらに二分の一ぐらいに短く[し]、再びつなげていく。 これを三回ぐらい繰り返し、一行でもいいから文章を切り、短くしていくのだ。 この方法を一年間やり続けたら、生徒たちは間違いなく文章を読めるようになっていった。それこそ『現代国語・現代文』に関しては、成績がグンと上昇した。当然だ。何回も本文をよんでいるのだから。(p.205)


|

« 『読書は1冊のノートにまとめなさい』 | トップページ | 『万能鑑定士Qの事件簿VI』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/50623819

この記事へのトラックバック一覧です: 『人生を変える大人の読書術』:

« 『読書は1冊のノートにまとめなさい』 | トップページ | 『万能鑑定士Qの事件簿VI』 »