« ツイッター 140文字が世界を変える | トップページ | 不実な美女か貞淑な醜女か »

我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す

我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す
中西秀彦
印刷学会出版部、2010/7/20

業界では有名人の京都にある印刷会社専務が専門誌「印刷雑誌」に連載したコラムを単行本化したもの。
横浜MM21で開かれた印刷機材展会場で、書籍販売エリアを通り過ぎようとしたところ、手で呼び招く怪しい中年男性の姿があり、近づいてみると著者が手売りしていた。
「サインするからどう?買わない?」と言われ、バナナのたたき売りじゃないんだから、と思いつつ、つい買ってしまった。

連載コラムをまとめたものなので、かならずしも書名に沿って一貫した主張がされているわけではない。
著者が日々の経営の中で感じる印刷業界の変化を描いている。中小印刷会社の経営者であれば、誰でも感じているであろう変化や、電子書籍・ネットへの対応についての悩みなどが綴られる。

そのなかで、電子書籍に対する著者の主張は、電子書籍への移行は不可避であるが、抵抗勢力となることで時間をかせぎ、印刷会社はその間に対応をするべきだ、というもの。これは、活版印刷の時代に、オフセットという時代の流れに抵抗して時間を稼ぎ、その間に自社のオフセット化を進めよう、という活版時代の繰り返しをせよ、という処方箋だろう。それがうまく行くかどうかは印刷各社の努力次第、といったところか。まさに前門の虎後門の狼。
著者の会社が活版を廃止したいきさつを描いた『活字が消えた日―コンピュータと印刷』を、弊社の活版廃止に立ち会った当時の工場長が涙を流しながら読んだ頃を思い出せば、印刷会社は何と遠い道のりを、これほどの短期間で駆け抜けたのだろうか、と感慨深くも厳しい時代の流れを感じざるを得ない。

本書の中で、著者の息子が動画ソフトを軽々と操り、文化祭用のビデオクリップを作成するのを見て、慄然とするという記事があった。
かつて、活版活字を信奉していた世代は退場し、オフセット印刷が当たり前になって久しいが、それと同様の世代交代が、近い将来に起こることを暗示して、印象深かった。
生まれたときからPCやネット、携帯や電子書籍が当たり前の世代が成長する今、それ以前に生まれた私たちの世代はすでに時代に取り残されつつあるのだということ、そして、印刷が紙を離れてネットへ対応するには世代の交代を待たなければならないかもしれないということ、を認識しなければならないということだろう。残念だけれど。

|

« ツイッター 140文字が世界を変える | トップページ | 不実な美女か貞淑な醜女か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/49004155

この記事へのトラックバック一覧です: 我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す:

« ツイッター 140文字が世界を変える | トップページ | 不実な美女か貞淑な醜女か »