« 現代語訳 論語と算盤 | トップページ | これならわかる! 哲学入門 »

「嫌消費」世代の研究

「嫌消費」世代の研究――経済を揺るがす「欲しがらない」若者たち
松田 久一
東洋経済新報社、2009/11/13

日本人の消費動向を、世代に分けて分析し、バブル以降のバブル崩壊世代、少子化世代に下るに従い、使える分だけ使わない、消費性向が低くなっている、と種々のデータをもとに明らかにする。
「クルマ買うなんてバカじゃないの?」という刺激的なキャッチでひっかかった。いわゆるバブル崩壊後世代が、厳しい時代を経験し、特に就職氷河期が決定的に彼らの心理に影響を与えている、というのはある程度納得できる。消費性向が低くなっていく世代的傾向が強まっていくことで、次第に経済の運営が難しくなっていくだろう、というのも考えうる未来だと思う。
ただ、消費性向が低いのは、現在の将来の不安定な現状では仕方がなく、また、消費しないことがクールだ、という認識がアメリカなどで模倣されている、というあたり、消費しないことが「悪」である、とも一概にはいえないし、そのあたりで根本的な認識の転換が求められているのかもしれない。
では、そこでどのような解決策を導くか、ということになると本書の歯切れもあまりよくない。

結局、その時その時の状況の変化に応じて対応する、という無難な結論に落ち着くといったところか。

|

« 現代語訳 論語と算盤 | トップページ | これならわかる! 哲学入門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/48814750

この記事へのトラックバック一覧です: 「嫌消費」世代の研究:

« 現代語訳 論語と算盤 | トップページ | これならわかる! 哲学入門 »