« 口蹄疫:国際機関関連 | トップページ | 獄中記 »

マスゴミ崩壊~さらばレガシーメディア~

マスゴミ崩壊~さらばレガシーメディア~
三橋貴明
扶桑社、2009/9/20

挑戦的なタイトルだが、内容は、新聞・テレビが現在陥っている苦境をビジネスモデルの観点から構造的に分析した本。
ネットユーザーには常識になっている、毎日新聞によるwaiwai変態報道事件NHKによる人間動物園事件など、既存メディアによる捏造・歪曲・報道しないテロ、などを紹介。また、現在新聞・テレビが直面している経営危機の実像を、数字を挙げることで客観的に記述している。
著者の分析によれば、これらの問題が発生する根本の原因の一つは、情報の双方向性、ユーザーからのフィードバックを経営に生かすシステムが存在しないことで、それが、レガシーメディアの凋落を招いている、という結論を導いている。

これまで、既存メディアの個々の問題点を挙げた著作はいくつかあったが(たとえば、新聞社―破綻したビジネスモデル)、それらは既存メディアの内部から描かれたものがほとんどであったため、本書のような、情報の双方向性という視点を前面に出した分析は今までなかったのではないか。

また、レガシーメディアが放棄した一次ソースの提供という使命を、今やインターネットが代替しているといった現象も、レガシーメディアの衰退を象徴している、という著者の主張を最後に引用した。私も、昨年のノーカット版党首討論をインターネットで視聴した一人なので、この主張には強く共感した。

収入の9割を加盟費に依存しているビジネスモデルである以上、共同通信社が「誰のために」ビジネスを推進しているかが明々白々になるためである。(p.43)

別に新聞産業に限らず、「物流」が良いだけではダメなのだ。市場からユーザーニーズを拾い上げる「情報流」が存在しなければ、ニーズと乖離したメーカーは、片端から倒産していくはめになる。(p.58)

マスメディアのビジネスモデルを特殊化させている五つの特権について紹介した。
1. 情報ソース(源泉)の独占
2. 情報の流通チャネルの独占
3. 参入障壁の構築
4. 情報公開を拒否
5. 市場競争の拒否 (pp.83-84)

いずれにせよ、一般の産業では当たり前の「上場」や「市場競争」を拒否し、情報ソース独占や専売制により寡占構造を実現することで、新聞産業は高い収益を上げてきたわけだ。さらに、寡占構造を崩さず、同時に小売業者(販売店)へのパワーシフトを防ぐために、新聞特殊指定で価格競争が「不可能」になる仕組みまでをも構築したわけである。(p.84)

日本の電波使用料を業態別に見ると、携帯電話事業者が負担する割合が極端に大きくなってしまっている。逆の言い方をすると、放送事業者の負担が極端に小さくなっているわけである。(p.93)

放送免許更新制度は、事実上の参入障壁になっており、一部の放送事業者による寡占構造を織りなす特権の一つになっているわけだ。(p.96)

テレビ産業は電波という「日本国民の資産」を使ってビジネスを展開し、収益を上げているためである。テレビ局が日常的に利用し、スポンサーのCMを流している電波は、テレビ局自身の財産でも何でもないのだ。(p.104)

本来、真っ当な競争環境を確立するためには、電波利用に関してオークションを行うべきなのだ。現実に、米英をはじめとする海外諸国の多くは、公共の電波を誰に使わせるか、オークション方式で決めている。(p.121)

日本の広告産業における寡占状態は際立っている。ほとんど、新聞やテレビを凌駕するといっても、過言ではないほどだ。広告産業寡占の大本の原因であるが、海外諸国で一般的な「一業種一社制の原則」が、日本では守られていないことにあると考えられている。(p.124)

すでに記者クラブに登録されているメンバーの同意を得なければ、不参加メディアの記者は記者クラブに参加できない。すなわち「記者会見に参加できない」ということになる。これは明らかにマスメディアの「参入障壁」の一部をなしており、排他的な「特権」であると断定できる。(p.128)

「価値あるコンテンツ」にお金を払わないユーザーも、「自分が必要なコンテンツ」には、積極的にお金を払うのだ。(pp.205-206)

09年8月12日。NHKを含む全テレビ局が拒否した、二大政党(自民党、民主党)党首討論の「ノーカット版」を、一部のネットメディアが放送しました。この日、「政権選択選挙」における党首討論という重要イベントのノーカット放送を、日本人はレガシーメディアではなくインターネットで「視聴」したわけです。(p.243)

|

« 口蹄疫:国際機関関連 | トップページ | 獄中記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/48493736

この記事へのトラックバック一覧です: マスゴミ崩壊~さらばレガシーメディア~:

« 口蹄疫:国際機関関連 | トップページ | 獄中記 »