« 純喫茶磯辺 | トップページ | 早稲田文学フリーペーパー vol.017 »

アマルフィ

09/08/16
アマルフィ
109シネマズ木場
[原]真保裕一 
[歌][出]サラ・ブライトマン 
[出] 織田裕二, 天海祐希, 戸田恵梨香, 佐藤浩市, 大塚寧々, 伊藤淳史, 小野寺昭,平田満
   佐野史郎,福山雅治

織田裕二扮する外交官黒田が、ローマで少女誘拐に遭遇し、そのまま天海祐希扮する母親と娘の行方を追う。

見る人が見ると、(その時はもちろん犯人としてではなく)犯人役が最初に画面に登場した瞬間、犯人とわかってしまうらしい。ある意味残念な配役かもしれない。

よくある観光地での二時間ドラマを豪華にして、海外版観光地巡り二時間ドラマ、といったところ。十年前に旅行で行った場所が出てきたりして、懐かしく見ることが出来た。が、ローマのホテルなどは、セットを映画用に換えているからきれいに映っているが、実際に行くとかなり古いはず。
不景気やアジア人気でイタリアへの日本人観光客は十年前の200万人から100万人に激減しているし、「ぼったくりレストラン事件」などで評判も悪いので、この映画で日本人観光客を少しでも取り戻そうというイタリア観光局の意図が透けて見える。

それでも、やはりイタリアは風景は美しい。目の保養にはなった。

|

« 純喫茶磯辺 | トップページ | 早稲田文学フリーペーパー vol.017 »

コメント

私も今日観てきました。
前半のストーリー展開はそれなりでしたが
後半は急展開で私的には楽しめました。

犯人は2回目の登場の瞬間に分りました。
登場の仕方が不自然ですよね。

天海祐希&戸田恵梨香ファンなら
絶対に後悔しない一作だと思います。
イタリアにも行ってみたくなりましたので
作品の意図どおりに踊らされてますね

投稿: touden | 2009/08/17 22:03

ぜひ一度お出かけ下さい。

都合が悪くなると英語がわからなくなるイタリア人とか、どこでも寄ってくるジプシー風スリ集団とか、パスタを頼むと、ゆでないでチンして出してくるレストランとか、色々あります。が、それでも歴史の重みを感じることの出来るイタリアは、一生に一度は行く価値があると思います。
私はローマしか行ったことがないので、いつか他の美しい都市に行ってみたいと思います。それまでにイタリアの観光サービスが良くなっていることを期待して。

投稿: godspeed | 2009/08/19 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アマルフィ:

« 純喫茶磯辺 | トップページ | 早稲田文学フリーペーパー vol.017 »