« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

翻訳夜話

翻訳夜話
村上 春樹、 柴田 元幸
文春新書、2000/10/20

小説家と大学教員という違った立場の二人が、それぞれどのように翻訳と関わっているかをフォーラム形式で語ったもの。
主に村上の訳が多いレイモンドカーヴァー「Collectors」を村上訳に並べて柴田が、柴田が多く手がけるポールオースター「Augie Wren's Christmas Story」を柴田に並べて村上が、それぞれ競訳という形で掲載されているのは興味深い企画。さらに英語の原文も掲載されているのでそれとの比較ができる。同じ小説でも訳者によって雰囲気がだいぶ違うことが実感できる。

(村上)ビートというのは、意識すれば身につけられるんです。ただ、うねりに関して言えば、これはすごく難しいです。ビートとうねりを一緒につけられるようになれば、もうプロの文章家になれます。ただこのうねりばかりは、身体で覚えるしかないですね。いっぱい文章を書いて、身体で覚えるしかない。[中略]でも、それができるようになったらわかるんです。クロールのローリングが身体ではっと理解できるのと同じで、「あっ、そうか、これだったのか」というふうにわかるんですよ。それはいちいち音読しなくても分かります。自分で文章を読み返してみると、こういううねりが感じられるんですよね。多少下手な文章でもそれがあれば、人はすすんで読んでくれます。(p.45)
(村上)英語の小説に限って考えても美しい文章というのも制度になっちゃえばもう、文学にとってはそれからどう逸脱するかがむしろポイントになるわけだから、そういう、正しい型みたいなものを持つべきだとか、そういうことはあまり思わないです。(p.80)
(村上)はっきり言って、いまはニューヨークが出版業界のハブなんですよね。好むと好まざるとに関わらず、そこを中心に世界の出版業界は回っています。言語的に行っても英語が業界のリンガ・フランカみたいになっています。この傾向はこれからもっと強くなるだろうと思われます。(p.82)
(村上)僕は[翻訳の]間違いを指摘されても特に傷つかないですね。というのは、それはあくまで技術的な問題だから。技術的な問題というのは、まちがいを認めて、それを直して、もう一度同じ間違いをしなければ、それでいいわけです。すごく単純ですよね。 (柴田)たいていの人は技術的な問題であるにも関わらず、なぜか人格の問題として捉えちゃってね、翻訳って。間違いをすっと認めるということがたいていの人にはなかなかできなくて、だから、僕が村上さんとやっているようなことを他の人に対してやると、まずはその、まちがっているってことを指摘されたことに傷ついて、立ち直るのにいちいち3.5秒ぐらいかかるわけですね。(p.97)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユダヤ人とダイヤモンド

ユダヤ人とダイヤモンド
守誠
幻冬舎新書、2009/3/30

ダイヤモンドを自らの財産を守る手段としてきたユダヤ人の歴史。
最も驚いたのは、世界のダイヤモンド市場規模が2007年現在でもわずか7兆円で、日本はそのうち1兆円程度であること。金プラチナなどを含めた宝飾品全体でみても、世界の市場規模は13兆円。

日本のパチンコ市場規模が22兆円であることを考えると、なんとダイヤモンド市場の小さいことか、今までイメージでもっとあると思っていただけに、非常に意外だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新橋演舞場6月公演 NINAGAWA十二夜

2009/06/18 昼の部:新橋演舞場(1階桟敷13,14番)

新橋演舞場6月公演 NINAGAWA十二夜
斯波主膳之助/獅子丸実は琵琶姫:尾上菊之助
織笛姫:中村時蔵 右大弁安藤英竹:中村翫雀 大篠左大臣:中村錦之助
麻阿:市川亀治郎 役人頭嵯應覚兵衛:坂東亀三郎 従者久利男:尾上松也
海斗鳰兵衛:河原崎権十郎 従者幡太:坂東秀調 比叡庵五郎:市川團蔵
舟長磯右衛門:市川段四郎 左大弁洞院鐘道:市川左團次
丸尾坊太夫/捨助:尾上菊五郎

ロンドン凱旋公演。前回より短くまとめての再演。
テンポがよくなった分、少しはしょりすぎのところがあったかも。
ロンドン帰りのためか、安藤英竹がわざとらしいヘタな英語を話す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いっちばん

いっちばん
畠中恵
新潮社、2008/07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハゲタカ

09/06/07
映画「ハゲタカ」
109シネマズ木場
監督:大友啓史
出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平
   中尾彬、柴田恭兵、嶋田久作

テレビドラマの映画版。ストーリー自体は現在の中国の台頭を描いていて素直に乗れた。

時間が限られているのでやむを得ないとはいえ、人物造形に深みがない。特にアカマ自動車社長のキャラがだいぶ変わっていて、あのような性格ではそもそも上場自動車会社の社長にはなれないだろう、という感じだったのが残念。最後の玉山鉄二の始末の付け方も必然性がなくて不可解。

マンダリンオリエンタルの宣伝にはなったのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »