« ジェネラル・ルージュの凱旋 | トップページ | ナイチンゲールの沈黙(上) »

空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ
池井戸 潤
実業之日本社 、2008/8/1

小説内ではホープ自動車とよばれるが、誰が見てもM自動車の脱輪事故をモデルにした小説。脱輪事故を起こした運送会社が、加害者として糾弾され、得意先を失い、メインバンクであるM銀行をモデルにしたホープ銀行から貸し剥がされ、M自動車には脅されながら、最後にM自動車のリコール隠しを暴いていく。

WOWOWでドラマの第一回を見てつい買った。近年まれに見る当たり小説。
タイトルが少し変だなと最初思ったが、タイヤの「タ」に濁点をつければそのままの話になるので、著者はそれを狙ったのかも。

|

« ジェネラル・ルージュの凱旋 | トップページ | ナイチンゲールの沈黙(上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/44644648

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶタイヤ:

« ジェネラル・ルージュの凱旋 | トップページ | ナイチンゲールの沈黙(上) »