« MAMMA MIA! | トップページ | 海辺のカフカ (下) »

海辺のカフカ (上)

海辺のカフカ (上)
村上春樹
新潮文庫、2005/2/28

15歳の少年田村カフカが家出をして、出会う奇妙な体験。猫語を話すナカタさんはジョニーウォーカーを殺して西へ行く。カフカが居候する図書館の館長佐伯さんはカフカの母親か?

メタファーが多く、一度読んだだけでは、なんだかよくわからない。一言で言えば少年が通過儀礼を通して大人になる「行きて帰りし物語」なのだろう。ひとつわかったことは、村上春樹は学生運動とフェミニズムがあまり好きではなさそうなこと。

読みながらカフカが碇シンジ、父親が碇ゲンドウ、15歳の佐伯さんが綾波レイ、今の佐伯さんが葛城ミサト、のように思えてきた。特に最後に夢か現実かわからない門の向こうでの会話はエヴァ最終話のシンジの精神世界でのレイ・ミサトとの会話に(内容は覚えていないけれど)雰囲気は似ているような気がした。

|

« MAMMA MIA! | トップページ | 海辺のカフカ (下) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/43864259

この記事へのトラックバック一覧です: 海辺のカフカ (上) :

« MAMMA MIA! | トップページ | 海辺のカフカ (下) »