« 日本ただいま脳死状態されど望みは捨てず | トップページ | 成功する男はみな、非情である。 »

iPodをつくった男

iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス
大谷 和利
アスキー 、2008/1/10

Steve Jobsは、大学を中退してApple Computerを作り、大金を手に入れて、経営手法の未熟さ故に会社を追われてNextを作り、ちょうど人生経験を積んだ頃にAppleに復帰する。
Macintoshとともに人生を歩んだ者ならば、本書に書かれていることはほぼ知っている。その意味では本書は読むに値しないが、JobsとAppleの歩みがコンパクトにまとまっているので、手軽にそれらを知りたいのであれば適当な本。

人生の成功者と言われる人がよく言うことを、彼も言っているので、人生の真実なのだろうとは思う。
Stanford の卒業式でのスピーチから。

Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma — which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

|

« 日本ただいま脳死状態されど望みは捨てず | トップページ | 成功する男はみな、非情である。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/40450284

この記事へのトラックバック一覧です: iPodをつくった男:

« 日本ただいま脳死状態されど望みは捨てず | トップページ | 成功する男はみな、非情である。 »