« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

生物と無生物のあいだ

生物と無生物のあいだ
福岡 伸一
講談社現代新書、2007.5.18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェブ時代をゆく

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか
梅田望夫
ちくま新書、2007.11.6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼宮ハルヒの憤慨

涼宮ハルヒの憤慨
谷川 流
角川スニーカー文庫、2006.4.28

生徒会長によるSOS団潰しとそれに対する文芸誌作成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドットコム仕事術

ドットコム仕事術
大前研一
小学館文庫、2007.9.11

いつもながらの大前節。
マッキンゼー的思考はやはり何となくついていけない。
自分はそれほど創造的ではなくて、もう少し下流(lower process)的な考え方をするからかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傷(下)

傷(下)
幸田真音
文春文庫、2001.5.10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傷(上)

傷(上)
幸田真音
文春文庫、2001.5.10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘッジファンド(再読)

ヘッジファンド
幸田真音
講談社文庫、1999.3.15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フーコー―主体という夢-生の権力-入門・哲学者シリーズ-貫-成人

フーコー―主体という夢-生の権力
貫成人
青灯社、2007.10.3

フーコーの思想の変遷を「狂気の歴史」・「監獄の誕生」・「性の歴史1」を頼りに追う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キノの旅〈3〉the Beautiful World

キノの旅〈3〉the Beautiful World
時雨沢 恵一 (著)
電撃文庫、2001.01

シズの話一篇。
師匠に訓練されているころの話一篇。
麻薬草なしでは生きられない部族におそわれる話一篇。
その他。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キノの旅〈2〉the Beautiful World

キノの旅〈2〉the Beautiful World
時雨沢 恵一 (著)
電撃文庫、2000.10

師匠の話が出てくる第二巻。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キノの旅—The beautiful world

キノの旅—The beautiful world
時雨沢 恵一 (著), 黒星 紅白 (イラスト)
電撃文庫、2000.7

しゃべるモトラド(二輪車)のエルメスとひたすら旅を続けるキノの物語。
不思議な空気を感じるファンタジー。
短編を連ねる形式で、様々な都市国家を訪ね歩く。
最初は性別がわからないが、第一巻最後のほうで少女(十代半ば)とわかる。
シズとの最初の戦いの話がある。

niconicoでAVANTI(2006/06/03放送分)を聞いて、とりあえずライトノベルを読むのなら、ハルヒ、マリみて、キノを読め、と言っていたので読んでみた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フューチャリスト宣言

フューチャリスト宣言
梅田 望夫 (著), 茂木 健一郎 (著)
ちくま新書、2007.5.8

目路はるか教室の講義が採録されていたことで、梅田が普通部出身だということを初めて知った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »