« 儲かる会社の社長の条件 | トップページ | 早矢仕andカレー二色盛り »

遠い太鼓

遠い太鼓 (講談社文庫)
村上春樹
講談社文庫、1993.4.15

梅田望夫の書いた記事を読んで、買った。

「四十歳というのはひとつの大きな転換点であって、それは何かを取り、何かをあとに置いていくことなのだ、と。そして、その精神的な組み換えが終わってしまったあとでは、好むと好まざるとにかかわらず、もうあともどりはできない。試してはみたけれどやはり気に入らないので、もう一度以前の状態に復帰します、ということはできない。それは前にしか進まない歯車なのだ。僕は漠然とそう感じていた。」(p.16)
「四十という分水嶺を越えることによって、つまり一段階歳を取ることによって、それまではできなかったことができるようになるかもしれない。それはそれで、素晴らしいことだ。もちろん。でも同時にこうも思った。その新しい獲得物とは引き換えに、それまでは比較的簡単にできると思ってやっていたことができなくなってしまうのではないかと。」(p.16)
「年を取ることは僕の責任ではない。誰だって年は取る。それは仕方のないことだ。僕が怖かったのは、あるひとつの時期に達成されるべき何かが達成されないままに終わってしまうことだった。それは仕方のないことではない。」(p.16-17)

40歳という人生の分岐点をどう自分の中で消化し、新たな道を歩むかを整理するために、村上は3年間ヨーロッパで旅人として過ごすことを選んだ。本書で出てくる様々なエピソードは、それ自身大事だったり、どうでもよいことであったりする。しかしそれよりも重要なことは、そのように日記を書き連ねること自体が彼にとってそれまでの人生を振り返り、整理し、濾過し、捨てるための儀式でもあったということだろう。
だから、本書を読むこと自体によって、読者も一つの分岐点を村上と共に越える体験を見いだせるのではないか。少なくとも、遠い太鼓を聞けなかった自分の40歳を振り返ることはできた。

取り返しがつかないことを、過ぎてから気づくのはなかなか辛い。

|

« 儲かる会社の社長の条件 | トップページ | 早矢仕andカレー二色盛り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/16761636

この記事へのトラックバック一覧です: 遠い太鼓:

« 儲かる会社の社長の条件 | トップページ | 早矢仕andカレー二色盛り »