« 夢をかなえる洗脳力 | トップページ | ビジネス法則の落とし穴 »

「世界征服」は可能か

「世界征服」は可能か
岡田斗司夫
ちくまプリマー新書、2007.6.10

ガイナックスの設立者岡田斗司夫が、アニメを制作する中で抱いた「世界征服を企む悪の結社」などの悪役がなぜ世界征服を企むのか、という疑問を掘り下げて考えた本。

レインボーマンやバビル2世などなつかしいテレビ番組を例に引いて考察していくので、該当する世代には楽しく読めるでしょう。
階級社会から自由社会・大衆社会への変化によって世界征服は困難、という第4章の結論部分は論拠が薄弱な部分もあるが、「日本は階層社会だが階級社会ではない」という主張には一定の説得力がある。ただし、世界征服と悪が常に一致していることを無条件に前提して議論を進めるので、その点疑問が残る。

|

« 夢をかなえる洗脳力 | トップページ | ビジネス法則の落とし穴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/16331012

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界征服」は可能か:

« 夢をかなえる洗脳力 | トップページ | ビジネス法則の落とし穴 »