« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

東電OL殺人事件

東電OL殺人事件
佐野眞一
新潮社、2003.08

 1997年3月8日深夜、渋谷円山町で起きた女性殺害事件について、事件発生から一審判決まで著者がその目で見、調べたことを克明に記した本。この事件では、昼間は東電管理職、夜は売春婦という二つの顔をもつ女性が被害者だったことからマスコミの格好の標的となり、世間もそれに合わせて下世話な興味に突き動かされて、被害者のプライバシーが暴き立てられた。
 本書は、被害者のプライバシーそのものを描くことには重点をおかず、むしろ彼女がなぜ二面的な生活に追い込まれていったか、その点を丹念に書きつづっていく。そしてその結果、結局なぜそうなったかについて確定的な結論を下さず、材料だけを提示して結論は読者にゆだねる。また、本書は、裁判を傍聴しながら、警察によって最初から犯人と決めつけられたネパール人が、いかにいい加減な証拠によって犯人に仕立て上げられたかについても、鋭く批判を加えていく。(著者はこの逮捕がえん罪であることを強く訴えているが、本書に書かれた裁判記録を丁寧に読めば、被告にも十分に疑いが残ることは否定できないだろう)

 被害者が同じ研究会の(はるかに年上で優秀な世代の)同窓生であったことから、少なからず興味を持っていながら、あまりに下品なマスコミ報道に辟易として、今まで本書を読むこともなかった。事件後10年経った今、本書を手に取る気になったのは、著者ならおかしなことは書かないだろうと思っていたし、世の中が事件を忘れた今なら冷静に読むことができるだろうと考えたからである。
 事実、他の著書に比べて若干被告に肩入れしすぎて感傷的な筆になっている感はあるけれど、本書はその期待を裏切らなかった。また、事件後の10年で、様々な人の死を見て、知人がなくなったときになかなか言葉が出てこなくなったが、被害者の死についても、「残念だ」という言葉でしか語ることができない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォーカル・ポイント

フォーカル・ポイント―仕事の「その一点」に気づく人、気づかない人
ブライアントレーシー
主婦の友社、2002.07

その一点に集中して取り組めば何事も成功する、その一点について述べる。

物事に優先順位をつけて、重要なものから実行せよ。
時間であれ、利益であれ、80%をかせぐ20%の仕事を優先し、20%しかかせがない80%の仕事を整理せよ。

といったところがポイント。

| | トラックバック (0)

がなり流!

がなり流! 誰もやらないけど、誰にでもできる勝利の「王道」を教えよう。
高橋がなり
青春出版社、2004/9/25

| | トラックバック (0)

Kinky Boots

キンキーブーツ(DVD)
監督: ジュリアン・ジャロルド
出演: ジョエル・エドガートン, キウェテル・イジョフォー, ジェーン・ポッツ, ジェマイマ・ルーパー, リンダ・バセット
☆☆☆

伝統ある靴工場も時代の流れで倒産寸前に。父親の急死で跡を継いだチャーリーは、仕方なく社員の解雇に踏み切る。しかし最後に解雇したローレンの一言で、チャーリーはニッチマーケットへの進出を決める。それは、服装倒錯者の男性が履くセクシーブーツ。

コメディではあるが、実話を元にした話で、人を切る経験をするというのがどれほど辛いかということもしっかり描かれていて、一息に見ることができる。

Charlie: I don't want to be sitting here doing this, but you know... Nine out of ten show factories have shut down.. What can I do?
Lauren: Change the product.
Charlie: Sorry?
Lauren: Like Liptons. Start making equestrian boots. Browns. They're making...Whatever, climbing boots. All them other sods, they went out looking for their niche markets. They just didn't sit back in their offices going, "What can I do?" Sorry. Oh, I was just really, really looking forward to a Chinese tonight. Now I'm not sure if I can afford it.

| | トラックバック (0)

涼宮ハルヒの消失

涼宮ハルヒの消失
谷川流
角川スニーカー文庫、2004.7

ある日目覚めると、世の中からハルヒが消えていた。みくるや長門はハルヒばかりかキョンのことも覚えていない。いったい世界はどうなってしまったのか。ハルヒシリーズ第4作。

| | トラックバック (0)

Pirate of the Caribbean: at World's End

Pirate of the Caribbean: at World's End
TOHOシネマズ錦糸町:Screen 2
[監]ゴア・バービンスキー 
[製]ジェリー・ブラッカイマー 
[出]ジョニー・デップ  オーランド・ブルーム  キーラ・ナイトレイ  ジェフリー・ラッシュ  チョウ・ユンファ 

「一応」シリーズ完結編。前作で心臓を奪われてベケットに操られるようになったジョーンズと、ベケット率いる東インド会社艦隊が海賊の殲滅を図る。彼らに対抗するために海の女神カリプソの助けを得るためには、主要な海賊9人の持つ銀貨を一カ所に集めなければならない。そのうちの一つをもつジャックスパロウを生き返らせるために、ターナー、エリザベスは、バルボッサ、ティアダルマとともに、地図にない海を目指す。
エンドロールの最後に重要なシーンがあるので、最後まで席を立つべきではない。

ディズニーなのにいいのか?というくらい、次々に準主役級の登場人物が死ぬ。最後には主役級も死ぬ。一応最後だからいいのか?とも思うが、映画の終わり方としては決してハッピーエンドとは思えない。
カリプソは「私を拘束した海賊どもに復讐してやる」といって去ったままだし、英国艦隊は追い払われただけで、全滅したわけではない。ジャックは最後にまた船を失う。エリザベスは未来を手に入れたかに見えるが、それは大きな代償を伴う。まして彼女は確実に年を重ねなければならない。

何も考えずにアクション娯楽映画として見れば、十分に楽しめるが、このまま終わるのではシリーズを通してみた場合に消化不良の感が残る。「未来」への希望を最後に描いているので、次作もありそうな、なさそうな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノセンス

イノセンス(DVD)
監督: 押井守

劇場版攻殻機動隊「Ghost In the Shell」の続編。
少女型ロボットが暴走し、殺人を犯す事件が頻発する。公安9課のバトーは、前作で描かれた犯人と同じ人形使いの犯行と推測し、捜査を進める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mr.&Mrs.スミス

Mr.&Mrs.スミス(DVD)
監督: ダグ・リーマン
出演: ブラッド・ピット, アンジェリーナ・ジョリー, ヴィンス・ヴォーン, アダム・ブロディ, ケリー・ワシントン

お互い殺し屋と知らずに結婚した二人が、お互いをねらう羽目になる。言うまでもなく、これで主役二人が結婚するきっかけとなった映画。

ストーリーは荒唐無稽、ひたすらアクション、ストレス解消にはよい。終盤、「明日に向かって撃て」にそっくりでとてもクールなのにあの終わりかたというのは、ありなのか?あのまま組織と折り合ったのか?など、娯楽映画と割り切ってみても納得がいかない結末なのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mean Girls

Mean Girls(DVD)
監督: マーク・ウォーターズ
出演: リンジー・ローハン, レイチェル・マクアダムス, ティム・メドウス

アフリカ帰りのケイディは、転入した高校で、女子の間にある階級にとまどいながらも、Plasticsと呼ばれる女王様グループに入る。女王を内心嫌悪しながら次第に自分もそれに染まっていき、決定的な破局を迎える。

Saturday Night Liveや30 Rockの脚本、監督、出演をしたTina Feyが監督したブラックユーモアあふれる学校コメディ。女は生まれながらに闘争する、という本性を、ケイディの目を通して描き出す。
いかに自分が「女性」を知らないかがよくわかる。フェミニストはこういう映画をたぶん見ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »