« 文学なんかこわくない | トップページ | 宮部みゆきの謎―最強の女流ミステリを徹底分析する »

知の教科書 カルチュラル・スタディーズ

知の教科書 カルチュラル・スタディーズ
吉見俊哉
講談社選書メチエ、2001.4.10(¥1,600E)

カルチュラルスタディーズの手法を、メディア・サブカル・エスニシティ・ジェンダー・歴史のそれぞれの分野を例にとりながら解説する。
カルチュラルスタディーズ自体がただの衒学的な「学問」なのか、自分の理解力が足りないのか、自信がもてないが、結局、それぞれの専門研究(メディア研究・ポストコロニアル批評・フェミニズムetc)と何が違うのかよくわからなかった。巻末のキーワード解説は、役に立った。

|

« 文学なんかこわくない | トップページ | 宮部みゆきの謎―最強の女流ミステリを徹底分析する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/14929544

この記事へのトラックバック一覧です: 知の教科書 カルチュラル・スタディーズ:

« 文学なんかこわくない | トップページ | 宮部みゆきの謎―最強の女流ミステリを徹底分析する »