« 議論法―探求と弁論 | トップページ | 読書の腕前 »

新聞社―破綻したビジネスモデル

新聞社―破綻したビジネスモデル
河内孝
新潮新書、2007.3.20

タイトルの通り、新聞の販売至上主義のビジネスモデルが破綻している現状を、毎日新聞の元取締役が書いた本。実際には売れていない部数を押し紙として販売店に流し、様々な補助金によって流通を支える構造が、タコが自分の足を食べるのと同じ構図になっていて、新聞社は将来間違いなく破綻する危機にあることが描かれる。また、本来多様な意見を保障するもとのしての「マスメディア集中排除原則」が、逆に新聞社によるテレビ、ラジオの支配を招き、日本では実際にはほとんど多様な意見がないことが示される。
著者が新聞業界に対して示す第三極という方策は、少し現実離れしているように思うが、近年の捏造問題等の要因の一端を知るにはいい資料。

|

« 議論法―探求と弁論 | トップページ | 読書の腕前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/14657502

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞社―破綻したビジネスモデル:

« 議論法―探求と弁論 | トップページ | 読書の腕前 »