« 編集者という病い | トップページ | 本は変わる!―印刷情報文化論 »

聖母エヴァンゲリオン

聖母エヴァンゲリオン―A new millennialist perspective on the daughters of Eve
小谷真理
マガジンハウス、1997.7.3

エヴァを性差という視点で批評した本。
「たかが」アニメをここまで難しく考えられるのがある意味感動的。フェミの人が書く内容は難しくてよくわからない。
エヴァの形を「パワフルでフェミニン(p.78)」(そうか?)と言ったり、「ヒーローの超越性は異質性排除の傾向が強い日本の社会では隠蔽されなければならない(p.146)」(アメリカにもスーパーマンいるし)とヒーローが普段は一般大衆の中で暮らすのを日本に特有な現象と言ったりして、突っ込みどころ満載。

|

« 編集者という病い | トップページ | 本は変わる!―印刷情報文化論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/14301112

この記事へのトラックバック一覧です: 聖母エヴァンゲリオン:

« 編集者という病い | トップページ | 本は変わる!―印刷情報文化論 »