« 千円札は拾うな。 | トップページ | リーダーになったら悪口は家のネコに話せ! »

悪の読書術

悪の読書術
福田和也
講談社現代新書、2003.10.20

自分の好きな本は、その人の内面を映し出すから、人に公言するときにはそれなりに注意しましょう、という本。ヨーロッパではある本を読む/読まない、ということはその人がある階層に属している/属していない、ということを直接的に意味している、と紹介したり、そのような考えに基づいて、「ある著者が好きだ」ということが、社交的に(=他の人の目に)どのように映るか、具体的に解説している。たとえば、宮部みゆきや高村薫が好き、という女性は「オボこい(寂しい生活を送っているんだなあ)」と見られる、とか。

ただ、そういう見方もあるだろうけれど、自分の読んだ本をブログで公言することほど内面をさらけ出すことはないわけで、読む本と階層が明確に分かれていない日本の読書環境のほうが幸せ、という気がする。

「でも本の場合は、ベストセラーを贈ればいいというものではないですし、また書物というのは過剰な意味がそこに付与されてしまいがちだから難しい。逆にいえば、男性の歓心、とくに年上や目上の人の好意を戦略的に勝ち取ろうとするには、話題にでた本や、教えられた本、もらった本を読んで、共感する、したふりをすればいいという考え方もあるでしょう。」(p.114-114)

|

« 千円札は拾うな。 | トップページ | リーダーになったら悪口は家のネコに話せ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/13348475

この記事へのトラックバック一覧です: 悪の読書術:

« 千円札は拾うな。 | トップページ | リーダーになったら悪口は家のネコに話せ! »