« 読むことの力 | トップページ | 北朝鮮外交の真実 »

出版動乱

出版動乱—ルポルタージュ・本をつくる人々
清丸恵三郎
東洋経済新報社、2001.7.12

雑誌、新書、漫画、新興出版社などを取材して出版を巡る環境を詳細にレポートする。
2001年出版と少し以前に発行されたため、オンライン書店の章でアマゾンについて厳しい見方をしているなど、今の状況からすると当てはまらない部分もあるが、トーハン日販など出版取次に代表される出版業界の構造など現在でも解決されていない問題について詳しく知ることができる。

|

« 読むことの力 | トップページ | 北朝鮮外交の真実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/13642310

この記事へのトラックバック一覧です: 出版動乱:

« 読むことの力 | トップページ | 北朝鮮外交の真実 »